バス運転手たち=都の公務員=多数が「隠れ喫煙」、近隣から苦情が! 「いたちごっこ」だった?

 また情けないニュースです。バスの運転手たちが、違反喫煙を繰り返して近隣の住民に迷惑をかけていたそうです。

 都営なので、運転手さんたちは「公務員」に当たるのですね。

 隠れ喫煙、いたちごっこ 都営バス品川営業所 敷地内禁煙で厳重注意「自覚徹底させる」
  =『東京新聞』2021年5月28日 07時12分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 都が二〇一八年四月から全職員に出先事業所も含め庁舎内などを禁煙にしたのに反し、交通局品川自動車営業所(品川区北品川)で都営バスの運転手らが隠れてたばこを吸っていたことが分かった”

“同局は「公務員としての自覚を徹底したい」としている”

“以前は喫煙所があったが、一八年四月に閉鎖し敷地全体も禁煙とした。ところが一部の運転手や事務職員が建物裏のスペースで喫煙を続けていた。一九年七月に近隣の人から指摘され、営業所は禁煙の張り紙をして注意。その後、喫煙者は物置に囲まれて外部から見えない別の狭いスペースで吸っていた”

“昨年四月、都営住宅の住民がたばこの臭いに気づき、苦情を寄せた。運転手の一人は「空き飲料缶を灰皿代わりにし、吸い殻はレジ袋に入れて放置していた。喫煙者は場所を変えて吸っていた」”

“ 世田谷区の市民団体「行革一一〇番」が今年二月、都議会に実態調査を求めてから喫煙はなくなった。後藤雄一代表は「……隠れて吸うぐらいなら禁煙教育を徹底しながら暫定的に喫煙場所を設けたほうが安全ではないか」”

“ 同局の調べでは、喫煙者は二十五人に上り、厳重注意した……「職場内全面禁煙に取り組んでいる中で一部職員の喫煙を遺憾に思います。近隣の住民の方にご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」”

 画像は会員提供(34号のマンション被害を解決させ活動者になった会員)、報道を見て、その品川営業所へ取材に行って撮影したとのことです。

    

 写真1枚目が、会員が助役の方に聞いたという、問題の喫煙が行われた場所で、写真のバスの後部付近だそうです。敷地の裏側にあたるところですが(歩道側から撮影)、敷地内は至る所に死角があるそうです。

 営業所内では、禁煙マークなどがいくつか貼ってあり、朝礼などでも禁煙の呼びかけを行なっているとのことですが、2枚目、違反場所の外の歩道では、区の禁煙マークがボロボロになっていて、なにか象徴的ですね。(この地域全体、やや汚かった、とのこと。)

 バスの運転手は全体で約200人ほどだそうです。ということは、記事に喫煙者は25人と書いてありますから、喫煙率は1割強、8人に1人と、喫煙者が多いイメージがある運転手の業界どころか、全国平均よりずいぶん少ないのですね。(?)
 なお違反喫煙者は、自ら名乗り出たそうです。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「公務員」が違反喫煙、しかし行政9割は“知らんぷり” ’20年12月

 “勤務中禁煙”なのに多くの職員が「地方公務員法違反」の喫煙~宮城県登米市の失態 ’19年3月

 「敷地内禁煙」で、敷地外で受動喫煙が発生⁈ 真の問題点は? ’19年11月

 タバコ臭いタクシーや路上喫煙する運転手は「タクシーセンター」へ通報を ’21年5月

 「喫煙運転手お断り」~ がん研有明病院・国際自動車 ’21年2月

 接客業でタバコ臭は損失なだけ ~ 客への「三次喫煙」撲滅へ、企業が取り組み ’21年3月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*