建設会社も勤務中「完全禁煙」、約100事業所の喫煙所を撤去 = 清水建設

 喫煙率が高そうなイメージの建設関係(今どきは違うでしょうか? 誤解でしたらすみません…)でも、完全禁煙が進んでいるとのことです。

 受動喫煙をなくすため、とは書かれていませんが、改正法の影響とあるので、その視点もあったはずでしょう。

 勤務中は全社禁煙にした清水建設、喫煙者の“卒煙”促すあの手この手
  =『ニュースイッチ』2021年10月03日(日刊工業新聞2021年10月1日の記事を一部修正)=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 清水建設は、全社を対象に勤務時間中の禁煙を1日に始めた。従業員らの健康経営推進策の一環……本社や支店など約100に上る国内外常設事業所の喫煙所を廃止……“卒煙”を促すため、従来の本社診療所による禁煙外来の対応に加え、保健師の禁煙挑戦者へのメールサポート、デジタルサイネージ(電子看板)、社内報の禁煙メッセージの発信などを新たに実施する”

“ 同社は2020年4月に全面施行した改正健康増進法を踏まえ、「喫煙が及ぼす健康被害から従業員を守る」という観点から、喫煙対策を徹底するために勤務時間中の禁煙の制度化を導入した”

 当機構へさいきん被害を訴えたかた(「受動喫煙 消臭スプレー」購入者)で、職場が建設関係で、改正法もどこ吹く風、社内で「仕事中でも食事中でも所かまわず、一日40~50本吸われ、頭痛・喉の炎症・胃痛・眩暈などが起こります」というかたがいました。
 法律違反なので、行政への通報などを奨めたのですが、スプレーを買っただけで(臭いを一時的にごまかすための製品で、有害物質はなくせません)、継続的に相談・他団体リモート例会を紹介などもできる機構への入会(『STOP受動喫煙 新聞』定期購読)はしていません。取り返しのつかないことにならないことを、ただ祈るのみです。

 上記記事の、禁煙化した「清水建設」公式サイト「ニュースリリース」→10月1日から全社で勤務時間中の禁煙を実施 ~喫煙者の卒煙もサポート~2021.10.01

 同社ホームページ、「子どもたちに誇れるしごとを。」いい言葉ですね。
 完全禁煙になって、ますます勤める親御さんたち、そのお子さんたちのためになることでしょう。(以下「既報」末尾の記事もご参照ください)

[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 求人票に、“職場の受動喫煙への対策の有無”が明記されるようになりました ’20年2月

 全トラックを車内「完全禁煙」に=日東物流株式会社 ’21年6月

 3年で倍以上になった職場の全面禁煙・・・しかしまだ被害者は2割以上も…! ’21年8月

 禁煙化が進んでも、家庭内の喫煙は増えません。むしろ子どもへの受動喫煙が減ります ’20年9月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*