アメリカでは「三次喫煙」も禁止に “子どもを受動喫煙から守る州法”

 わが国では「東京都 子どもを受動喫煙から守る条例」ができたところですが、(→本ニュースでは 5/11 5/15 で、『STOP受動喫煙 新聞』では ’17「特別号」 20号 「増刊号」 に関連記事)

 アメリカではさらに、三次喫煙=サードハンドスモークからも、子どもを守るための、州法が進んでいます。(→「三次喫煙」については本サイトのコラムをご参照)

 子どもの「3次喫煙」防止法案 上下両院で可決、知事の署名待ち
  =『Daily Sun New York』07/24/2018=  (以下、一部抜粋、「……」は文の省略)

“……子どもを預かる部屋での喫煙を、営業時間外を含め全面的に禁止する法案が可決された……壁や家具などに付着した副流煙の残留物を摂取することによる「3次喫煙」の害から子どもを保護することが目的”
“調査によると、最後の喫煙後数カ月の間、たばこが吸われなかった部屋でも、カーペットや壁、ソファ、衣類、おもちゃなどから副流煙の残留物が見つかった”
“ヘビースモーカーが暮らしていたある住宅では……汚染の度合いは20年以上、賭博場営業を続けた部屋と同レベルだった”
“カリフォルニア州では2014年に、同様の州法が制定されている”

 この州法は、前に喫煙があった部屋での、物質へ付着したタバコの成分・ヤニ臭からの受動喫煙を対象にしたものですが、
三次喫煙=サードハンドスモークの定義には、外で吸ってきた人が臭う、というものも含まれます。
 一般には、後者の被害のほうが、多いでしょう。

 日本と違い、空間が広い海外では、屋外は喫煙自由となっている国も多いので、
喫煙規制反対派には、「外も中も規制する日本はやりすぎだ」という者がよくいます。(しかし、韓国や中国の一部などでは、路上禁煙もあります)
 これからはアメリカその他先進国では、屋外の受動喫煙も、喫煙後に入室した者からのサードハンドも、規制されるようになるのでは、と思います。

 写真は、喫煙者からのサードハンドに言及した、東京・京橋にあるカレー店の、以前の掲示です。
  (’16年10月筆者撮影。その後「喫煙者お断り」などに更新されたようです)

アメリカでは「三次喫煙」も禁止に “子どもを受動喫煙から守る州法””に3件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    あー怖い!喫煙から三ヶ月しても、副流煙などの残留が。。。
    壁は、もとは白いはずなのに。あまり、いい色はしてません!受動喫煙等からの原因だろう!
    ヘビースモーカー住人が、2年前から仲間入りしてから、入浴する度に煙草の臭さを凄く感じていました。
    これは、人体に影響した物かと考えながら、浴室がこんなに煙草で臭くなるのかと不愉快でした。
    生活を阻害されている?生活にならないし、なっても体調不良を我慢するだけ。
    私は、部屋では、空咳みたいな症状になり、外では、鼻や目がやられる。喉も居たくて仕方ないし、モルモットにでもなったかのようです。

    東北へ帰った親しい友人の行き先で生活する話もあったんだけど、
    でも喫煙者で、人前では吸わないにしても、ずっと体調不良みたいな感じで。。。
    会っていて楽しいはずなのに、外出先で灰皿なんか見つけると「ちょっといいかな」と。
    自信も何も考えられなくなった。受動喫煙か、第三次喫煙が日常になるかもしれないとね。
    煙草が原因で、何でもスムーズにいかない事も出て来る。

    1. パンダ より:

      昨日の大雨で、市内全域に警報が出され、どこに逃げたらいいか、わからないという方が大勢いらっしゃいました。
      国も放送局もあおるように、「逃げて下さい」と言います。
      しかし、どこに逃げるか、逃げるべきかは国民に判断させ、国民に責任を取らせます。

      高齢者は車も無く、足腰も弱い為、逃げる事は出来ません。
      そして、国は挙げ句の果て逃げなくてもいい場所もあると言いました。
      あれだけ、あおっておいて逃げなくてもいい?
      既に国民はパニック状態です。
      市外に避難となると絶対に車で避難するしかないでしょう。
      渋滞に巻き込まれているに決まっています。
      今さら戻るのかと、逃げていた国民はまた振り回されたのです。

      私も水害の場合、避難所が開放される事はないので、同じようになると思います。
      ただ、それだけでは無いのが受動喫煙症の患者です。
      たとえ避難所に避難したとしても、受動喫煙に遭えば症状が出たり発作が出ます。
      避難所に避難する事が果たして吉と出るかという問題です。
      皆さん、避難所が安全だと思ってはいけないということです。
      国を信じてはいけません。
      国を信じなくなるという事の重大さを国は分かっていますか?

      1. ユカタン より:

        被災地での避難生活については、私もいつも考えていました。
        でも、喫煙者の為に、また、煙草を吸える場所を確保するに違いない。
        自分は煙草の臭いは元より、あらゆる人からする臭いそのものが、参ってしまいます。
        吐き気とか頭痛は当たり前にあり、自分は、多分、どうなれど、用意された避難所には行かないです。一人で何処までも、リュックに必要な物を入れて歩いていきます。その方が、自分には良いと考えたからです。

パンダ にコメントする コメントをキャンセル

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*