喫煙者に抱かれるとセキが・・・猫も受動喫煙の被害者 ~ しかし飼い主が即卒煙! さらに洗剤など合成化学物質も排除へ

 いろんなネットメディアで何度も書かれている、飼い猫の受動喫煙の記事がまた。

 しかし今回は一般論ではなく、被害の実例をあげています。症状を読むと胸が痛くなりますが、そこで喫煙者の飼い主はどうしたか。

 猫が原因不明の咳…たばこのにおいがする夫に抱っこされるとコンコン 愛猫のために一念発起して禁煙
  =『まいどなニュース』2022/6/12 14:20=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“大福ちゃん(5歳・オス)は……小さい頃から咳をした。家の中でもコンコン、病院に行ってもコンコン、何かの拍子に咳が出ると止まらず、辛そうだった。
「原因が分からず薬を飲んだこともありますが、良くなりませんでした。そのうち、夫が大福を抱っこすると咳が出ることに気がついたんです。当時、夫はタバコを吸っていて、家の中では吸いませんでしたが、服ににおいがついていたんです。夫は、大福のためならばとすぐに禁煙しました」”

“匂いのするもの、特に化学物質の匂いがするものは徹底的に使わないようにして、洗剤などを変えた。家の中に持ち込むものも気をつけて、大福ちゃんが咳き込みそうなものは玄関より奥には入れなかった。すると、大福ちゃんの咳は治った”

 猫のためにすぐ卒煙したとは! なんていい人なんでしょう。
 子どもの前で喫煙し続ける親に知らせたいものです。

 それに、洗剤なども変えたということも大事です。受動喫煙の被害で発症している人の中には、柔軟剤の臭いをプンプンさせている人も多く、受動喫煙だけでなくそちらも症状を悪化させている可能性がありますよ、というのですが、聞かない人が多いのです。また他人にニオイと有害物質の被害を与えているのですから、受動喫煙を発生させる喫煙者と同じことですが、性格も喫煙加害者と同じなのでしょうか。

 そして、これもなんども書いていますが、動物だけの問題ではなく、体の小さい子どもも同様に被害が大きいということを、猫をたとえとして知っておきましょう。

 

[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 猫と受動喫煙 ’19年9月

 お猿さんが“強制喫煙”させられる ’21年11月

 子どもの1割が受動喫煙被害者! その大半は家に喫煙者が… 衝撃の調査結果発表=大阪府寝屋川市 ’22年3月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*