「喫煙者といて、不快に感じたことがある」約65%

 昨日に続いて、タバコなんか吸わない普通の人を対象にした、今度は民間による、最近の調査です。

 昔とちょっと変化したようです。

 昔と変わった!?非喫煙者1000人に聞いた「喫煙者のマナー」に対する意識
  =『@DIME(アットダイム)』2022.06.17=

 以下抜粋、「…」は文省略・太字化は引用者によります。

“周囲に配慮して吸っているか、たばこ休憩を取り過ぎていないか、など……非喫煙者は、意外なほど身近な喫煙者のたばこのマナーをチェックしているものだ”

“喫煙者は全員がマナーの悪い人だと思うか聞いたところ、「非常にそう思う」が7.1%、「ややそう思う」が26.1%で、合計した「そう思う(計)」は33.2%”

“他方、「喫煙者はマナーが悪い」と決めつけることに違和感を覚えるか聞いたところ…“喫煙者=マナーの悪い人”という先入観を持つことに対しては、否定的な姿勢の人が多いようだ”

“「喫煙者のマナーが平成時代と比べて良くなっていると思う」では「そう思う(計)」(50.4%)と「そう思わない(計)」(49.6%)が拮抗する結果となった”

 ここから直接の受動喫煙問題に。

“喫煙者と一緒にいて、喫煙を原因とする問題で不快に感じたことはあるか聞いたところ、「よくある」が22.4%、「たまにある」が42.3%で、合計…64.7%”

“周囲の迷惑にならないようマナーを守っていればたばこを吸っても良いと思うか聞いたところ、「そう思う(計)」は66.3%、「そう思わない(計)」は33.7%

 たまに、何回も会っていて非喫煙者と思っていたら実はタバコ吸いますよという、三次喫煙も感じない、たいして吸わないので肌もきれいな人に会うのですがね。

 
[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 受動喫煙の女性アンケート:なぜ気になるか・どうするか? ’21年3月

 “受動喫煙は、気分が悪い” 全国調査結果・・・高齢男性は受動喫煙に鈍感の傾向が ’19年11月

 受動喫煙被害者は、我慢や回避をしている! 東京都の調査から(後編) ’19年5月

 過半数が被害に遭っている受動喫煙 ~ 都調査 ’21年3月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*