神奈川県の次に屋内受動喫煙防止条例ができていた兵庫県で、
 条例がさらに強化され、東京都と福山市(広島県)に続いて、
“子どもを受動喫煙から守る条例”にもなるようです。 ☆本サイトのいままでの関連記事を末尾に記します。

 「条例の見直し」を議論する検討委員会が開かれ、その中で、
家庭内も含めて、子どもがいる場所を全面喫煙禁止とすることに合意した
 とのことです。

子がいる場所の禁煙義務化 自家用車内でも罰則 兵庫県の検討委
 =『神戸新聞』2018/9/19 10:00=

  以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“東京都の「子どもを受動喫煙から守る条例」では、子どもがいる車の中や公園などでの禁煙は「努力義務」としていたが、検討委では「子どもは大人に比べて、たばこの有害物質の影響を受けやすい。義務化を明示すべき」との見解で一致した”
“「子どもがいる場所での喫煙は児童虐待に当たる」「諸外国では禁止されている」などの意見が大勢を占め……自動車のような私的空間も含めた、より踏み込んだ規制を県に求めた”

 また、

“……商工業界などの委員間で、対立が続いていた飲食店規制の線引きについても、ほぼ議論が決着。喫煙できるのは……改正健康増進法と同基準の原則「客席面積100平方メートル以下」の既存店としたが、県独自の上乗せ規制として、これらの店で喫煙する場合は「20歳未満立ち入り禁止」の表示をするか、「喫煙専用室」を設けることを義務付けるとした”

 その他の報道。
 
 兵庫県受動喫煙防止条例:子供の前で喫煙「NO」提言へ
  =『毎日新聞』2018/09/20 10:22=

“会合では「子どもの受動喫煙は児童虐待に当たると言ってもいい」など、対策強化を求める声が相次ぎ、義務化で一致した”
“県条例は2013年に全国で2県目の罰則付条例として施行。その5年後の見直しを規定しており、検討委の提言を受け、県は条例の改正内容を検討する……県条例でより厳しい“上乗せ”規制をするかが焦点の一つとなっている”

 提出は来年2月とのこと、そのころはさらにムーブメント・気運が高まり、成立となることでしょう。
 いまの案よりさらに徹底したものになることに期待します。
 
 
 ☆本サイト関連記事→5月11日 5月15日自宅での受動喫煙その1家族による喫煙 子どもの受動喫煙は特に問題
 都条例の詳細は→東京都子どもを受動喫煙から守る条例
 福山市の条例については、『STOP受動喫煙 新聞』’18年6月「増刊号」で、裏話まで詳報しています。