「受動喫煙防止条例の意義」東京都知事インタビュー

 受動喫煙防止条例の「意義」について、東京都知事が、答えています。

 以下、記事へのリンクと、活動や他の条例にも参考になるとおもえる発言の引用です。(抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります)

 たばこ規制は「世界的潮流」 小池都知事が語る「受動喫煙防止条例」の意義
  =『DANRO』2019.12.30=

“「東京都受動喫煙防止条例」は、翌7月に成立した国の「改正健康増進法」よりも厳しい内容です。
 条例は、すでに一部施行されています。病院や区役所などの行政機関は、屋内で完全禁煙に。飲食店は「全面禁煙」「喫煙室あり」など、対応を店頭に示すことが義務化され、2020年4月からは、従業員がいる飲食店は、原則として禁煙とするか喫煙室の設置が必要となります”

“都が2019年に実施したアンケートでは、喫煙者の63%、都民の85%が、受動喫煙防止条例の取組について「良い、やや良い」と回答しています”

――東京都には大手町のオフィス街もあれば、多摩地区のように自然豊かな地域もあります。都条例で一律に決めるのではなく、各自治体がルールを決めるべきとの声もあります。
小池知事:各区でルールを作っても、区の境界線を普段の生活の中で、どれくらい意識していますか? ましてや外国からの方々に、どこまでが何区でどこからが何区というのはわからないのではないでしょうか。本当は国がもっとピシっとすれば良いと思っています。”

――都の受動喫煙防止条例は、国の法律と比べて厳しい、という指摘もあります。
小池知事:むしろ、国のルールが緩すぎるのではないでしょうか。”

――その場にいる全員が納得していても吸えないというのは、やり過ぎではないかという声もあります。
小池知事:ルールというのはそういうものではないでしょうか。……むしろ、これまであまりにも受動喫煙に対して無神経であったことを改める良い機会だと思います。”

――オリンピックで来日する外国人のなかには、たばこを吸いたい人もいるのでは?
小池知事:一方で、日本に来てこんなに緩いのかとびっくりしている外国人もたくさんいます。”

――小池さんは、たばこ吸っていますか?
小池知事:全然吸っていません。10年くらい前に病気をして、それ以来やめました。

――かつてJT(日本たばこ産業)の広報の仕事をされていました。
小池知事:私の仕事は都民を守ることで、企業利益を優先することではありません。それに、私は長年石油関連の仕事をしていましたが、今は脱炭素化の仕事をしています。”

――新ルールをきっかけに、喫煙をやめるのもいいと思いますか?
小池知事:それは個人の選択ですね。”

 “その場にいる全員が納得すれば” という意見? は屁理屈で、まったくナンセンスですね。その場の人らがハラスメントや暴力OKと言えば、ありになるのでしょうか?
 とくにタバコは、言えない人もいるでしょうし、あとから症状が出る人もいます。
 そのつどルールを変えるなど、それはルールではありませんので、小池さんが言うとおり、「ルールというのはそういうもの」でしょう。
 

東京都の、受動喫煙の相談窓口は以下(画像クリックでリンクします)。


 
[都条例に関する当サイト既報](他にもありますので検索窓で引いてみてください)
 「東京都 受動喫煙防止条例」 ~ その後の報道・論調 ’18年7月
 飲食店のほとんどは冷静に受け入れています 「受動喫煙防止条例」 ’18年7月
 「受動喫煙防止条例」の解説ユーチューブ映像(東京都)/“愛煙家”って何だ❓! ’18年10月
 なにかよくわからない“受動喫煙啓発”ポスターに大金を注ぎこんだ東京都?! ’19年5月
 店頭[禁煙・喫煙]表示が義務化、各店の対応は……? ’19年9月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

「受動喫煙防止条例の意義」東京都知事インタビュー” に対して2件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    東京都、2月の広報には、
    [4月1日から、「東京都受動喫煙防止条例」・「改正健康増進法」全面施行。
    決められた場所以外で、タバコは、吸えなくなります。]
     とあります。
    ずっと話だけは聞いておりましたが、広報に記載されることで、そうなるんだな、などと、実感が湧いてきます。
    そのほか、喫煙室について、
    [屋内でタバコを吸うことができるのは、以下の場所のみ、喫煙室の中は、利用者・従業員を含め、
    20才未満は、立入禁止]
    それぞれのマークが決められております。

    個人的には不要だと言いたいものが、[事業者の方へ]というものの、
    [施設の中に喫煙場所を作る場合は、法の定める基準を満たす必要があります。
    喫煙室を設置した場合には、施設の入り口等に標識を提示してください。]

    さらに、
    [喫煙可能室を設置した飲食店は、管轄の保健所等に届け出が必要です。様式等は、ホームページで入手可。
    飲食店は禁煙のお店も、標識の提示をお願いします。]
    とかかれておりました。

  2. ユカタン より:

    これは、強行姿勢でやるべきだとおもいます。
    喫煙者の意見を聞いた上での決まりごとは、
    まったく、受動喫煙防止には役に立ちません。
    それでは、ずっと、タバコ煙害を漂わすことが、なくならないでしょう。
    “どこでもタバコ”を、数多く嫌というぐらい見てきた側としては、
    厳しいとかではなく、やっと当たり前の状態に、持ってこられるものだとおもいました。

    小池知事は、言うべきことは、きちんと述べられ、
    また、もっと強く言うべきだ、との思うこともあるのでしょうね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*