議員の「違法喫煙」問題に松沢成文議員らが申し入れを行ないます=「国際基準のタバコ対策を推進する議員連盟」

 国会議員による、法律違反となる、議員会館での喫煙問題、

 →国会議員の法律違反喫煙に、芸能人も苦言 “受動喫煙の被害がどういうものか分かってらっしゃるのか” ’20年8月28日
 →国会議員の「法律違反」喫煙・続報:松沢成文理事「国民に遵法を説く資格はない」「委員長へ申し入れる」 ’20年8月31日

 松沢成文議員を中心とした超党派(政党に偏らず各党にわたって組織)の議員連盟、「国際基準のタバコ対策を推進する議員連盟」が、問題の対応について、上記8/31ニュース引用論説の予告通り、議長へ申し入れを行なうとの、プレスリリース=報道関係者への案内=がありました。 ※申し入れは本日ですが、至急おこなう必要との判断で急に決められたのでしょう、昨日案内が届いたものです。
 以下、リリースの全文です。

令和2年9月8日

報道機関各位

超党派「国際基準のタバコ対策を推進する議員連盟」
「議員会館事務所における違法喫煙への対応の申し入れ」のご案内

 このたび、私たち超党派「国際基準のタバコ対策を推進する議員連盟」は、議員会館事務所における違法喫煙の問題への対応について、下記のとおり、山東昭子参議院議長へ申し入れを行います。
 改正健康増進法が本年4月1日より全面施行され、議員会館を含む国会は喫煙専用室以外の屋内禁煙が義務付けられたにもかかわらず、議員による議員会館事務所での違法喫煙が横行している実態が明らかとなっています。このように法律をつくった国会議員自らの違法行為が常態化している現状を見過ごすことはできません。
 そこで、当議連は、衆参両議院に対し、実態の調査・報告及び厳正な対処などを求めることといたしました。
 衆議院の岡田事務総長へ伺った後、議連有志より参議院の議長公邸にて山東議長へ申し入れを行いますので、取材にお越しくださいますようお願いいたします。

会 長 尾辻 秀久
幹事長 松沢 成文

「議員会館事務所における違法喫煙への対応の申し入れ」

令和2年9月9日(水) 15時30分~
参議院議長公邸
山東 昭子 参議院議長

※申し入れ冒頭の写真撮影の後、議連会長及び幹事長による囲み取材での対応となります。
※恐れ入りますが、取材を希望される方は、参議院議長公邸へ事前に社名とお名前を届ける必要がございますので、下記事務局までご連絡下さい。
※参議院議長公邸までお車でいらっしゃる方は、車両の事前登録が必要となりますので、併せて車両情報をお知らせ下さい。

(お問い合せ先:参議院議員松沢成文事務所内事務局 担当:千葉、山崎 内線:参50903)

 この申し入れについて、本件のみならず以前から喫煙問題を追及する『道新』がきのう報じています。

 議員の喫煙調査申し入れ 議連、9日に衆参議長に
  =『北海道新聞』09/08 05:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 国会議員が法で禁じられた議員会館の事務所(自室)で喫煙している問題……実態調査と違反者への厳正な対処を9日に衆参両院議長に申し入れることが分かった”

“国会敷地内の全面禁煙化も求める”

違法行為への世論の批判が高まる中、国会の対応が問われそうだ”

“ 申し入れ書は「国権の最高機関を構成する国会議員自らの違法行為を見過ごすことは、法治主義を否定することに他ならない」と指摘”

同じ「第2種施設」に区分される裁判所が自主的に禁煙に踏み切っていることを挙げ「立法機関だけを例外とすることは議員特権との批判を免れない」と、国会議事堂と議員会館の全面禁煙化も訴える”

松沢成文幹事長は取材に「法律を作る議員の違法行為は許されず、けじめをつけるべきだ」と語った”

“問題が報じられるまで会館自室での喫煙を認めた立憲民主党の枝野幸男代表は「徹底されていなかった側面が間違いなくある」と述べていた”

 画像は以前の国会で質問する松沢理事(『STOP受動喫煙 新聞』第14号–2016年4月掲載)

 申し入れの結果が出ましたら、おって報告いたします。
 ※『STOP受動喫煙 新聞』’20年10月末発行予定の次号32号では、本件、申し入れの状況などに付いての松沢成文理事が連載コラムで報告、論説を掲載しますのでご期待ください。

[当サイト既報の、松沢成文理事のいままでの活動関連]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「喫煙室閉鎖の要請」を松沢成文理事が首相と厚労相に提出 ’20年4月11日

 “NHK受動喫煙問題” 松沢成文理事を通して、国会委員会で審議中です ’20年1月

 動画シリーズ『新型コロナで死にたくなければ~』(松沢成文理事) 第③弾! “危険すぎる喫煙所は「4密」” / ≪感染と喫煙所≫問題追及その16 ’20年5月

 松沢しげふみ理事は、公約に“受動喫煙・タバコ利権の撲滅”を掲げています ’19年7月

 “神奈川県「受動喫煙防止条例」は失敗” !? 松沢成文議員が公けに言及 ’18年7月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*