上司のスメハラ・タバコ臭さに悩んでいます~社会学者の回答

 人からのニオイ・悪臭については、上司どころか、親友でも部下でも言いにくいものです。
 相談形式での、社会学者の回答の記事がありました。

 地獄の“スメハラ”から逃れる方法って??【古市憲寿さんが回答】
  =『with online』08.Aug.2018=

 以下、受動喫煙に関する箇所の抜粋、「…」は文省略・太字化は引用者、改行箇所は一行にそろえたところもあります。

“上司は42歳の男性。タバコ臭い息や、汗と加齢臭がブレンドされた体臭が最悪で……。スメルハラスメントとして糾弾するべきでしょうか?(銀行事務・Tさん・27歳)”

“Tさん(以下・T) そうなんです!とにかく話が長いので、息を止めてやり過ごすわけにもいかず……。

古  …閉ざされた空間では他人の迷惑にならないように振る舞うことが求められるけど、ニオイは人によって感じ方が違うから明確なルールを作るのが難しい。セクハラやパワハラと違って、スメハラは法律問題にするのも難しいね。タバコや工場の煙と違ってそれで健康を害するとも主張できないし、真正面から糾弾するのは難しいと思う”

“T …ストレートに伝えたら反発されそうだし。耐えるしかないのでしょうか?

古 いや、Tさんがそれほど悩んでいるということは、その上司は他の部下や家族からも嫌悪感を抱かれている可能性が高い。そうやって彼がニオイのせいで不利益を被っているのであれば、さりげなく改善を促してあげるのが〝優しさ〞じゃないかな。匿名でマウスウォッシュと制汗スプレーをプレゼントしてみたら?…”

“古 gmailとかで新しいメールアドレスを作って、そこから「あなたのニオイに困っています。対策をお願いします」と匿名で伝えるのもひとつの手段だね”

“T わかりました。職場に快適な空気を取り戻すために、私が〝暗躍〞したいと思います! ”

 同様の被害者の皆さん、この情報、役に立ちますでしょうか?

 なお、「タバコや工場の煙と違ってそれで健康を害するとも」と言っていますが、相談者はタバコ臭さも訴えています。回答者は、直接の煙、二次喫煙だけを言っているのでしょうが、呼気や体に染みついた煙臭・三次喫煙も健康被害があります。
 受動喫煙症やアレルギーなどの診断書も取って、
「アレルギー・受動喫煙症を発症するので、医者に止められていますので」
 という訴えも添えてはいかがでしょうか。
 
 

 9都県市作成の啓発ポスター(一部)

 

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「タバコが嫌だ」と気づかせる苦労? ’20年7月

 “外で吸ってきても受動喫煙被害”=三次喫煙(サードハンドスモーク)について著名医師がテレビで解説 ’19年5月

 タバコ臭い教師に生徒が「三次喫煙」禁止令を制定 ’20年9月

 喫煙者を不採用にしたら劇的に良くなった企業=社長の独白の動画 ’19年11月

 「受動喫煙症」 知っていますか?(受動喫煙による病気・症状) ’18年4月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*