格闘家が路上喫煙の撃退活動! 動画で啓発

 興味深い、立派な啓発活動の動画です。こういう方々にもっと参加してもらいたいものです。

 格闘家YouTuber朝倉未来、渋谷で路上喫煙の撃退に挑む “アウトロー界のカリスマ”瓜田純士と共に注意喚起
  =『Real Sound』2020.10.27 12:00=

 以下、説明文の抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“歩きタバコ注意動画っていろんなYouTuberがやってて、喧嘩にもなったりするじゃないですか。果たして、俺と瓜田さんが“中で吸ってもらえるかな?”と言ったらどうなるのかなと思って」と狙いを明かした。なお、本人含めてコワモテぞろいの朝倉の撮影クルーだが、全員非喫煙者とのこと”

“ この分野(歩きタバコ注意・タバコポイ捨て注意)の動画は再生回数が伸びやすい傾向にある。なぜなら注意することで、街の人も逆上し、一悶着するという流れが生まれやすいからだ。しかし、朝倉と瓜田はそうならないようになるべくソフトにさらっと注意していく。こうした配慮もあってか、……皆すんなり中へと移動していった”

“喫煙所スペースに落ちているゴミを掃除していく2人。朝倉は「こういう吸殻が落ちていることで“俺もやっていいのかな”と人はなる。1個もゴミが落ちてなかったら、皆も落さなくなっていくんですよね」と説き、瓜田も「日々ボランティアとして、動いてくださる人のことを思うと胸が痛い。常日頃からここをキレイにしてくださる人がいると思うと、自分たちが何をしているのかと考えさせられる」”

 ただ、“喫煙所を大きくすべき”というのは、違うとおもいます。よほど大きく、入りやすく作られるならまだしも、多少大きくしても、それに比例して多くの喫煙者が集まれば同様です。(土地柄にもよりますが)
 喫煙所からの漏れによる、通行人への受動喫煙もあります。
 街にゴミ箱を設置すると、すぐゴミがあふれます。そこでゴミ箱をなくしたら、ゴミのポイ捨て全体が減ったということで、ゴミ箱をなくす自治体が増えました。

 まだ喫煙できる飲食店は多数あります。それに、喫煙者は人口の約一割、その中には喫煙できる場所がなければないでしばらく我慢できる人、また卒煙挑戦中の人もいます。(禁煙中の人は、喫煙所を見ると意志が揺らぎます)
 自治体が税金やJTからの出資で建てる、無料の街の喫煙所など、まったく無しにするのが一番なのです。
 
 
 写真は横浜駅西口・高島屋入口前の喫煙所。(’20年4月)
 改装され、屋根がある部屋だったころ(’16年まで)よりはましになりましたが、それでも外で吸う者も見かけますし、離れた横断歩道まで煙が漏れています。
 
 
[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 喫煙所の周辺は吸い殻が大量に~動画配信 受動喫煙も ’18年11月

 違反喫煙は警察に通報、注意してもらいましょう・・・閉鎖した喫煙場所での違反者・続報~「感染と喫煙」問題その12 ’20年5月

 路上喫煙に注意できる?~ 「いまどき歩きタバコなんて、やばいヤツ」 芸能人が歩行喫煙に苦言 ’20年6月

 屋外・人前での喫煙が「法令で禁止」に ~ スペイン ’20年8月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*