違反喫煙は警察に通報、注意してもらいましょう・・・閉鎖した喫煙場所での違反者・続報~「感染と喫煙」問題その12

 先日あげた、後を絶たない「禁止した喫煙所での違反喫煙」~“新型コロナ”「喫煙所・喫煙者」問題その11 の、続きです。
 先の、各報道と、会員報告にあるように、閉鎖された喫煙所でも、堂々と吸いに来る者が数多くいる、という問題です。これでは、閉鎖した意味がないどころか、喫煙所のそば(外)で吸い歩行者に激しい受動喫煙を生じさせるなら、中で吸ってくれた方がまだましというものです。

 当機構の会員(『STOP受動喫煙新聞』の特派員ともいえるほどの活動者?)による報告、上記前回は新宿駅の閉鎖喫煙所の様子をあげましたが、今回は同会員による、高田馬場駅前の報告です。

 会員によると、高田馬場は新宿に比べ、街や喫煙所周辺の雰囲気がきれいであるとか、閉鎖喫煙所の真ん前に交番があって警官が立っているなどのせいか、当初見に行った5月1日(金)の午後には、違反者はいなかったそうです。
 しかし、コメント投稿(4月30日)に同じ場所で喫煙者がいたと書いてあるのを読んだため、あらためて、連休中の5月4日に行ってみたところ――、(画像はクリックで拡大します)

 このように、閉鎖を示すテープがはがされ、掲示板も落ちていました。強風で落ちたものでしょうか?

 そして、違反喫煙者の姿も……!

 会員には事前に、「交番があるのなら、もし違反者がいたら、すぐ通報して注意に行かせればよい」と伝えておいたので、すぐ警官に伝えたそうですが、
しかし警官は、言葉に詰まり、「出来るとも出来ないとも言えない」と、意味不明な答えをしたそうです。
 そこで、会員は、「では、110番すれば良いのですか?」と質問、しかしまた絶句しただけだったので、会員は110番しました。
 「違反喫煙者を注意してほしいのですが」
 「場所は?」
 「高田馬場駅前、交番前です」
 すると、「交番に警官はいますか?」「3名います」「では、交番の警官にお願いしてください」
 とのことなので、交番警官に
 「110番したら、本部の方から『違反喫煙者の注意は交番警官に頼むように』と言われました」と伝えると、瞬時に若手2名が行ったとのこと。
 
 突然の警官に驚きながらも、ふてくされている違反喫煙者。’20年5月4日15時半ころ。

 なお、会員は警官から名前を聞かれたのですが、「匿名希望」で通したそうです。

 ただし、警官たちはその1人を注意したのみで終わり、その後も、入れ替わり立ち替わり喫煙者が現れましたが、目の前であったにもかかわらず、両警官はまったく無反応だったとのことです。
 会員は、「自分が注意しに行った方が早い」と思ったそうです。警官て、気の弱い人が多いのでしょうかね?


 16時ころに来た違反喫煙者

お巡りさんにおねがいしましょう

 しかし、別の会員の報告によると、すぐに行ってくれたお巡りさんもあったとのこと。警官によって差があるようです。
 路上喫煙が刑法違反ではなく、条例は警察と関係ない、という考えもあるでしょうが、
しかしポイ捨てなどは軽犯罪となりますし、民間人が注意してもめごとになったり、暴力沙汰に発展した例は多々あります。
 関連→路上喫煙を注意され暴力をふるった男が逮捕されました
 警察は、それら犯罪を未然に防ぐ義務があります。
 なお、私は、路上喫煙者ともめて交番に連れていったさい、「このようなことは警察にまかせてください」と念を押されました。(横浜市中区)
 さぼりたがる警官、気の小さい警官もいる中、良心的なお巡りさんもたくさんいますので、ひどい違反は通報するとよいでしょう。
 また、区や市など自治体にも「監視員を増やすなど、違反撲滅の徹底を」と要請するのがよいと思います。

 ☆みなさんからの報告も募集しています。ひどい場所を見かけた、撮影した、警官や行政ががよく対応してくれた、などの例がありましたら、お問い合わせフォームへご連絡ください。

[その他の当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 受動喫煙被害をカンタンに通報できるシステムが開始!=千葉市 ’19年12月
 「歩きタバコは凶器」警察が取り締まるべきでは? ’20年2月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

違反喫煙は警察に通報、注意してもらいましょう・・・閉鎖した喫煙場所での違反者・続報~「感染と喫煙」問題その12” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    わたしが交番の警官に違反者を注意してくれるようにと、このように話したら直ぐに立ち上がりました。
    「喫煙所が閉鎖されているのに、違反者がおりますので、感染症の話もありますから、注意をお願いできますか?」といいましたら、警官がパッと視線を、閉鎖されてる喫煙所に目をむけました。
    パトカー警官は中で座ったままでしたが、女性警官が、直ぐに出て、「あの白い格好の人ですよね?」と話ながら、現場にむかっていきました。
    しかしながら、次々と違反者が訪れるのは、大変ですね。
    罰金額を10,000円にするぐらいが良いとおもいます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*