“タバコ休憩”は違反行為 ≪「職務専念義務」違反≫ ~ 法律サイトより

 またもや職場の“タバコさぼり”問題、受動喫煙問題をよくとりあげておなじみの法律サイトで言及しています。

 実録、職場のタバコ部屋 「あいつは私のおもちゃ」裏話に沸く一方、「すぐ戻ってこい!」呼び出し電話も
  =『弁護士ドットコムNEWS』2020年01月03日 09時08分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“オフィスのタバコ部屋はサボリの楽園なのか、それともくたびれたオフィスワーカーたちが愚痴をこぼしあう場なのか”

“1時間の滞在中、「お前どこにいるんだ!」という電話がかかっている光景を二度も目にした”

“30分もいた男性が1人だけいた。途中で喫煙も終わり、ひたすらタブレットをみてダラダラ過ごしている”

“「……目に余るような場合には、職務専念義務違反を問われるでしょう。会社から注意・指導がなされたり、懲戒処分を受ける可能性もあります」”


 画像はイメージです。(この人らが仕事サボリ中と確認したわけではありません。しかしこの路上は喫煙禁止区域なので違反ではあります。会員提供、既出)

 

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 タバコ休憩はやはり問題 違反には懲戒処分もありえます ’19年4月

 職場の喫煙は不公平~「非喫煙者の声」集 ’18年11月

 仕事中の喫煙は禁止・違反は退職に ~“サボリ”と「受動喫煙」の問題 ’18年6月

 “給料泥棒”だけでなく受動喫煙・三次喫煙も発生、仕事中の喫煙サボリのアンケート調査 ’20年3月

 「タバコ休憩」に不満の声〈2020年11月版〉 ’20年12月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*