電車運転中に喫煙、今度は電子タバコ ~ 東急電鉄

 また列車で、乗務員の喫煙。今度は電子タバコだそうです。(路線は当機構からわりと近いところです)

 東急社員、電子タバコ吸いながら電車運転 常態化は否定も…広報「倫理教育を再徹底する」
  =『J-CASTニュース』2022年11月16日20時02分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 東急電鉄は……乗務員が運転中に電子タバコを吸っていたと公表した”

“他社からの指摘で明るみになったといい、従業員への倫理教育を徹底するとした”

“東急電鉄の運転士である40代男性が10月31日午前9時26分~32分の間、元町・中華街行きの各駅停車(横浜駅~馬車道駅間)の乗務員室で電子タバコを吸っていた”

“ 東急電鉄では2019年7月から就業時間内の禁煙を実施している。事業所内の喫煙所を廃止したり禁煙セミナーを開催したりするなど、従業員の禁煙を推奨している”

“ 過去に同様の問題が発生したことはなく、問題の運転士の乗務員室での喫煙は「今回のみと報告を受けております」と常態化は否定”

“喫煙理由は「プライベートな理由なので、回答は差し控えさせていただきます」”

 この報道記事、よくわからない点があります。

 1.「同様の問題が発生したことはなく」……正しくは「発覚したことはない」かもしれませんよ? 以下の過去の例にもあるように。
 2.「他社からの指摘で明るみに」って、どういう過程でそうなったのでしょう?
 3.「プライベートな理由」で回答しない、というのも意味がわかりませんね。

[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 走行中の特急列車でタバコを吸っていた乗務員(車掌)、通報される…“常習犯”だった・・・「加熱式タバコだから」「バレなきゃいい」 ’21年9月

 特急列車で喫煙、車掌に暴行し警察出動、小一時間停車に ’22年2月

 新幹線で…! 下車させ警察に ’22年8月

 禁煙の場所での喫煙は放火と同じ。「非常ボタン」を押したら? ’22年9月

 電車内の無法者への注意は? ’22年3月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*