禁煙の旅館で喫煙犯が!  怒りの声をネットに 共感・応援多数

 またひどい犯罪者がいたものです。(もちろん器物損壊や威力業務妨害などの犯罪行為です)
 どうして喫煙者のくせに禁煙旅館に泊まるのでしょうね。

 「完全禁煙」ルール無視の客に旅館の女将が怒りのツイート 「強い悲しさと憤り」「部屋は消臭作業のため数日は使えない」
  =『ねとらぼ』2022年12月19日 16時14分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

西屋旅館が、完全禁煙のルールを破った利用客がいたことに怒りのツイートを投稿し、大きな反響を呼んでいます”

“[あれほど「館内敷地内🚭完全禁煙」とHPにも予約ページにも客室にも掲示しているというのに、部屋で散々タバコを吸って臭いだけ残して帰っていかれたお客様。宿を何だと思ってる?分からいでか。その部屋は消臭作業の為数日は使えない。凍える空気の中掃除してくれたスタッフに心の中で詫びなされ!!]”

“2000年に白布温泉で起きた火災により、同じかやぶき母屋の旅館が全焼した惨事に鑑みて、館内も敷地内も完全禁煙と決断”

“ある日使用後の客室に喫煙の痕跡を発見。強いにおいを残して去った利用客を、女将は「その部屋は消臭作業のため数日は使えない」「凍える空気の中掃除してくれたスタッフに心の中でわびなされ!!」「禁を犯してなお喫煙が止められないのであれば、どうかうちでなくちゃんと喫煙可能なお宿で寛いで」と強く批判しています”

“客室案内にはくだんの大火災の写真を掲載し、協力をお願いしていたとのこと。「その思いさえ伝わらなかったのも内心ショックでした」”

“ 投稿は広く拡散され、「禁煙と知って宿泊したのなら宿のルールに従うべき」「同じ喫煙者として恥ずかしい」「宿のかたはもっと怒っていい」と、共感の声を呼びました。宿泊施設関係者からは、「禁煙の客室で吸われたら、壁紙などににおいが染み付いて処理が大変」「ルールを明記したうえで、清掃費などを請求するべき」といった声も”

西屋旅館 当館が完全禁煙に踏み切ってから2年半ほどがたちましたが、年に数回、こうして客室でタバコを吸ってしまうかたがいらっしゃり……今回はお客様が部屋を出てすぐ片付けに入った段階で、タバコのにおいや、うっすらと残る煙など、昔の新幹線の喫煙車両のような喫煙の痕跡があったため、まだご出発でなかったお客様に直接「当館は全館禁煙なのですが」と注意を伝えました。

 ところがお客様は「すみません」のひと言だけであっさり帰ってしまわれ、そのあまりに開き直った様子に強い悲しさと憤りを覚え、虚空に向かってでも訴えねばなるまいとツイートした次第です

西屋旅館 吸い殻はありませんでしたが、明らかに空気が喫煙室のそれでした。長年一緒に働いているほかのスタッフも「これはやばい」と顔をしかめるくらいでしたから、直前まで喫煙されていたと……”

“―― 客室での喫煙は年に数回あるとのことですが、過去にはどのようなケースがありましたか

西屋旅館 焦げた葉が落ちていたこともありますし、部屋に残された空き缶に吸い殻がねじ込まれていたこともあります。また最近は電子タバコを吸われるケースも散見されるようになってきました。独特のにおい残るため当館は電子タバコも禁じていますが、こちらは気付くのがなかなか難しく、手をこまねいています”

西屋旅館 当館のサイトにはすでに大きく禁煙であることと、その理由を記載してありますが、Twitterで多くのかたがご指摘くださった「クリーニング代弁償」「損害賠償」について、一切の文言がありませんでした。ずっと我慢をしておりました。しかし今回を機に、「喫煙の痕跡を認めた場合は相応の追加料金をいただく」旨を、詳しいかたと相談しつつ新たに掲載するよう……”

西屋旅館 ……ツイートしたときは、ひどく気持ちも落ち込んで、その後の仕事が手につかなくなるほどガタガタでした。しかし思いがけず拡散されることとなり、見ず知らずの多くのかたから共感するお言葉や、こうしたほうがいいという力強いアドバイスをいただき、とても励まされました。

 また同業者のかたや、レンタカー業などに携わっていらっしゃるかたからも、同じ被害に遭って大変を思いをしたというエピソードをいただいて驚きました……こういう出来事が実は現場では日々起きている事実を、少しでも周知できて良かったと思います

 旅館のサイトのホームページ中央の「当館は全館禁煙です」をクリックすると以下の説明が出ます。

 
 なお、近所にもタバコ販売がないとのこと。旅館のサイト「よくあるご質問」の「5. 館内・サービスについて」。

 「5. タバコは販売していますか。買えるお店はありますか?
当館は全館禁煙となっており、おタバコの取り置き・販売は行っておりません。
温泉街にも販売店はございませんので、あらかじめご了承下さい。」

 もっと予約サイトに大きく禁煙を強調し、「タバコ持ち込み禁止」「喫煙者お断り」として、違反時の高額の罰則を設け、入館時にも身分証を出させて誓約書を書かせればよいと思います。

いい加減な“禁煙ホテル”に注意

 当機構の会員で、自宅で受動喫煙に遭っていて、避難のためホテルなどを泊まり歩いている人が、よくいます。
 しかしその方々によると、「全室禁煙」をうたっているホテルでも、ホテル内の喫煙室や、屋外の路上や、どこからか不明でタバコのニオイがしてくるホテルもあるそうです。
 ひどいところでは、部屋がすでにタバコ臭い、つまり、前回の宿泊者が喫煙したらしい、しかし先の記事の旅館のように何日もかけて清掃しているわけではなく、ろくに消臭をしないですぐに新しい客を入れているのではないか? と思えるところもあるそうです。
 当機構の近くの、全国的に禁煙化してニュースになったホテルの支店も部屋が臭かったが、フロントに苦情を言っても何も対応してくれなかった、ということを、なんと二人の方から聞いています。

 みなさんがホテルを利用するときは、事前に、禁煙の状況、喫煙がある場所や、違反時の対応まで、「受動喫煙は絶対にないか」と、詳しく聞いておいたほうがよいでしょう。

 なお、横浜・関内の全室禁煙ホテルの良し悪しについては、まとめた会員の報告をお知らせできますので、利用される方は機構にお問い合わせください。(当機構会員=『STOP受動喫煙 新聞』定期購読者限定)

 
[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 禁煙室での喫煙は最大75万円の損失・・・禁煙旅館で宿泊客が喫煙、罰則支払いに ’20年1月

 禁煙ホテルのアンケート結果 「禁煙室を選ぶ」88%超 ~ 全国・全室禁煙「コンフォートホテル」の大規模調査 ’20年6月

 禁煙店でひそかに喫煙! しかも吸い殻を大事な皿に……! 店主「怒り、悲しみ、むなしさ、あきれ」 ’22年11月

 禁煙店で「加熱式タバコ」を吸う客はもちろん退店を ’19年5月

 コンビニの“迷惑客” に喫煙者 店内で火をつける「ヤバい客」も…!  ’21年10月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*