当サイトニュースでも既報、(関連を末尾☆)
兵庫県の受動喫煙防止条例に「子どもを受動喫煙から守る」が追加される提案が、さらに具体化しました。
すでに成立の東京都・広島県福山市の条例より厳しく、
罰則も付くそうです。
 「車内に子供」喫煙で罰則、条例見直しで提言へ
  =『読売新聞(YOMIURI ONLINE)』2018年10月30日07時45分=

  以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“家の中は罰則対象から外すが、自家用車内での違反には罰則を科す異例の内容”
“条例は、社会情勢の変化に合うよう5年後に見直すよう規定されており、……14人の有識者委が見直しを進めている。委員は医療、飲食、宿泊、NPOなど各業界関係者で構成され、11月にも提言をまとめる”

 関連報道もありました。

 子供がいる車内での喫煙は罰則!? 厳しい条例見直しに「やむなし」の声も
  =『しらべぇ』2018/10/30 13:30=

“しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,477名を対象に「親が子供の前で喫煙すること」について調査を実施したところ、全体で48.1%の人が「一種の虐待だと感じる」と回答している”

 この『しらべぇ』は、興味深い調査サイトです。
 「受動喫煙」でサイト内検索をするといろいろ出てきます。
 『しらべぇ』「受動喫煙」

 他にも「タバコ」などで検索してみてください。

 ☆本サイト関連記事
 前回ニュース→9/21兵庫県でも “子どもを受動喫煙から守る” 条例化へ
 その他
 知っていますか? 「子どもを受動喫煙から守る条例」その2

 コラム自宅での受動喫煙その1家族による喫煙
 子どもの受動喫煙は特に問題
 
 都条例の詳細は→東京都子どもを受動喫煙から守る条例
 福山市の条例については、『STOP受動喫煙 新聞』’18年6月「増刊号」で、裏話まで詳報しています。

 外国での法制化については、
 『STOP受動喫煙 新聞』9号で「子どもを乗せた車内喫煙に1万ポンドの罰金」記事を、
12号では「英当局が2歳児を保護。理由は“両親がタバコを吸い過ぎるから”」を掲載しています。