職場の受動喫煙は「安全配慮義務違反」、損害賠償の可能性あり

 本ニュースでもなんども引用させていただいております、
身近な問題を弁護士が回答する、ためになるサイト『弁護士ドットコムNEWS』。

 「タバコの煙に困っているという相談が、弁護士ドットコムにいくつも寄せられている」
とのことで、最近の記事では、職場の受動喫煙問題も追究しています。

 受動喫煙から逃げられない 職場の「名ばかり分煙」がもたらすリスク
 =『弁護士ドットコムNEWS』2018年11月24日 09時58分(杉山和也弁護士)=

 「従業員に対する安全配慮義務違反」「損害賠償の対象となる可能性」とのことです。
 
 職場で少しでも受動喫煙、タバコの臭いがあったら(三次喫煙=サードハンドスモークも含む)、
遠慮なく申し入れを行いましょう。

 当機構本ニュース・コラム、『STOP受動喫煙 新聞』のいままでの記事もご参考にしてください。

 ※以下、当サイトの職場関連の主なもの。
 職場受動喫煙「労働審判」申し立て 続報
 仕事中の喫煙は禁止・違反は退職に ~“サボリ”と「受動喫煙」の問題
 職場受動喫煙で和解勝利! 「労働審判」440万円支払い確定
 “スモハラ”=「スモーク・ハラスメント」、知っていますか?
 「仕事中禁煙」は法的に問題なし
 職場の受動喫煙対策はどう変わるか
 職場で受動喫煙がまだ多数ある事実が判明! 調査結果

 ☆右のカテゴリー「ニュース(職場)」をクリックで職場関連ニュースが見られます。

 ※『STOP受動喫煙 新聞』関連掲載号
 職場の受動喫煙撲滅を求める裁判8号12号15号
 職場の禁煙率13号 漫画「若い人の本音」22号

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*