受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

改めて、タバコ問題を合わせてみると、かなりの数に驚きました。
それと同時に、一個人として、受動喫煙をなくしていくことについては、どれだけのことが、支障がない程度にやれるものかと、すこし考えました。
喫煙と無関係な、非喫煙者であり、何よりも受動喫煙を回避したい側です。
少なくとも、タバコを吸う場所には適していない、禁煙箇所での違反者には、人を見極めながら、考えて、やんわりと促すように注意していきたいです。
何より、腹が立つのを表にはケシテ出さずに、冷静な対応が重要です。

ユカタン より:

役場の任務をいいことに、ストレスがなどと言い訳から、どうにもとまらない喫煙になっているのではないでしょうか。
そのような違反者は、すべて他人のせいにする傾向があります。喫煙習慣は、何が何でも、守り抜く姿勢でしょう。
このような方達には、厳重注意の他に、場合によっては、第三次喫煙の被害を与えたことを踏まえて、世にもっと公表するべきだと思いました。

ユカタン より:

高田馬場駅の改札口付近では、いまだにタバコ煙害に曝されております。
西武新宿線の改札出入口では、透明な囲いだけの喫煙所があるため、周辺はすごく大変なことになっています。
受動喫煙が確実な駅です。
数々の会社もあるからなのか、サラリーマン恰好をした喫煙者が多いです。
放置したままで、なにも対策がとられていないのも不思議でなりません。
近くには区役所の出張所もあるのですよ。
誰かが通報をしないと(通報しても)、なんにも動かないことが問題だといえます。

ユカタン より:

どのような大人でも、このような子供たちのお手製のポスターなどには、
すくなくとも、心を動かされるものです。

違反喫煙者にせよ、子供たちに注意をされれば、きっと悪かったなあと考えるのではないでしょうか。

ユカタン より:

マンションなどの敷地内で住民がタバコを吸うことで、ベランダから、風向きでは玄関からも、自室にタバコ臭が漂ってきます。
この入ってくるときの状態は何度も目にしていますが、喫煙者住民の玄関と近い位置でみえるベランダ側から、白い煙がはっきりと流れているのにも、毎回驚かされます。
喫煙者住民には、“裏切られている”気持ちもあります。
そんななか、喫煙者住民の隣の住民(非喫煙者)が、お仕事から帰られ挨拶をしてきましたので、わたしは、この方は、受動喫煙についてどう思っているものか、きいてみました。
「角の隣の住民のタバコ煙、すごくないですか? 煙バンバンみえますよね?」、
「あー、うちにも沢山はいってきますよ」
どこか気の小さい方で、何事もはっきりといえないタイプだろうと思います。
嫌でも仕方なくがまんしている住民も、身近にいる。
言ったところで、どうにもならないと考えているのかもしれません。
それでも、同じマンションに一人でも、こういった自室での受動喫煙についてお話できる人がいることで、精神面の負担も少なくなるのではないでしょうか。

ユカタン より:

オリンピックが近くなるごとに、タバコを吸うひとのマナーが問われます。
少なくとも、非喫煙者に受動喫煙をさせてはならないことがひとつ。
そして、さいきんまた考えてしまったんですが、
どのような場所で喫煙したとしても、
タバコの吸い殻は、完全には、きちんと処理できないということです。
灰皿があるところで吸えば大丈夫だと思われてしまいますが、
喫煙者の吸い殻をまとめて、その後埋めるか燃やすかするにしても、空気汚染になってしまうということです。
それを考えれば、タバコを吸うひとのポイ捨てや違反喫煙などは最低限守るべきことではないでしょうか。
タバコを吸うひとは、他人を受動喫煙にさせ、わたしたちが当たり前に吸っている空気までダメにしてしまうということでした。
ですから、このことを考え、タバコを吸うひとを新たにつくらせないこと。
喫煙所の整備や拡張や増設など、結局ムダになることもしないことです。
喫煙所の数だけ、受動喫煙をうみだし、
残留喫煙が日常になるとすれば、受動喫煙症状のあるものとしては、安心して暮らしていけるところがないということになります。

ユカタン より:

ペンキだらけの作業員の歩きタバコで、いつもすごく迷惑しています。
近所で工事が長引けば、同じく路上タバコも長引くことになります。
これらについては、言うべき所にはだいぶ伝えているのですが、どうにもおさまりがつきません。
「我々は人のために仕事をしているんだ、タバコぐらい、いいだろう」、という思考が多いようです。
歩きタバコをしながら、コンビニにいき、店の前で火を消し、その場に捨てていく。
そしてまた、店からでると、タバコを出し火を付けて、現場まで、歩きタバコをしていく。(一部始終見ました)
まるっきり、この作業員が、そこらじゅう、タバコ煙害で汚染していることになります。
“この職業だから、タバコはつきものだ”、ということも、なくしていかなければならないと思いました。

ユカタン より:

たとえ、コンビニエンスストアが、車通りの多い道路沿いにあって、店外に灰皿が置いてあれば、そんなに迷惑が掛からないだろう、ということもありえません。
歩道があれば、人が行き来します。灰皿のあるところ(特に多いのがFamilyMart)を通るだけで、受動喫煙にさせられてしまいます。
一見、灰皿から少し離れた位置におもわれる歩道であっても、やはり、タバコ煙、臭いなどは予想以上に遠くまでしっかりと流れてくるものです。
このように無関係の人間までを受動喫煙にさせてしまう灰皿は、有害でしかないため、撤去する必要が大いにあると思います。

たかぽん より:

返信ありがとうございます。
ユカタンとは違って、自宅に隣接しているわけではないので、あまり強く言うことはできませんが、バス停が近くにあったり、多くの人が通行する場所に隣接していますし、灰皿は撤去して欲しいと思っています。

様子を見ていると、駅やバスを利用するお客さんが乗車前、乗車後に一服されているようです。
なぜコンビニが店舗を利用しない客のために喫煙所を設置しているのか理解ができません。

本来であれば、きちっとした喫煙所を市が設置するべきだと考えています。東京オリンピックまでにはなんとかしてほしいと思っています。

あと、ファミリーマートの窓口からは結局何も連絡ありませんでした。

ユカタン より:

ぶたみみこさんへ

あまりにも辛い様子がわかります。
そして、悔しさなどもありますよね。

わたしのピーク時の受動喫煙症状などに、よく似ております。
そういうときには、周囲には、理解者いなくて、ひとりで悩むことばかりでした。
職場が喫煙者ばかりだということで、それだけで弱みを握られたような気持ちでしたね。
結局、喫煙者の課長にも気まずいままで、退職するしかありませんでしたが、何事も辛抱が第一などと、無理をして半年闘い続けました。
結果的に、心身ともに厄介な不調ともなり、退職することにしました。
常日頃、受動喫煙や第三次喫煙などは、これからは絶対にそういう状況にならないという、強い気持ちを持つことが、身を守るために大切だと思いました。

ぶたみみこさん、何かとうまくはいかないと思いますが、どうか、お身体を最優先にしてくださいね。わたしも、そのようにします。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。