受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙オンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)

※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。

投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

 ※「受動喫煙」専門のサイトです。煙・臭い被害以外のタバコ問題、単なる喫煙者や喫煙行為の非難、受動喫煙と関連しない他の話題だけの投稿、そのニュースと関連しない事柄、などは投稿しないようにお願いします。公開しないこともあります。

 

寄せられたコメント

ユカタン より:

タバコを飲食店に持ち込むことが、間違いだと言えます。
飲食店は、非喫煙者が喫煙者の為に苦しい選択をさせられる為にあるわけではない。
喫煙者の吐き出す煙や有害物質で、かなり懲らしめられてます。

ユカタン より:

「店は禁煙」、しかしすぐ外に灰皿を置いて、喫煙客を歓迎するような店もある。
喫煙をしたばかりの客が、続々と入店するラーメン屋さん。
何代目など、長年に渡り常連さんを大事にしてるようだけど、わかってないようだ。
タバコと食べ物は、切り裂くべきです。

ユカタン より:

公園に喫煙者が居着くようになったのも、他が禁煙と定められてからの煙草難民だったんだね。
みんなでは無いにしろ、これも今後取り除くのも大変だと言えます。
公園から喫煙者排除、路上タバコ排除、自転車タバコも相当。
喫煙者が、そんなことまでして吸いたくなる気持ちも、国は手助けするべきでは?

ユカタン より:

喫煙シーンを継続することは、非喫煙者に対して挑発させるものです。
最近でも、仮面ライダーとかロボットタイプのキャラクターでさえ、タバコの宣伝ではないけど、良くないことを示す何かもありましたが。
“天下のNHK”とまで考えている人も中にはいるわけですが、潮時も大事ですよ!
わざわざ、タバコは出さなくても大丈夫だよ!

ユカタン より:

受動喫煙から第三次喫煙も考える日々の中、まだまだ、知らぬ人達が沢山いるとおもう。
受動喫煙はわかってきても、第三次喫煙までは考えない。
だから、公の場で、喫煙したての人に気がつき、回避する行動等に、謎めく人達もいる。
しかし第三次喫煙からも、凄く肺他が苦しくなるので、他人の目を気にしていられない。
気にしないで回避するのが良い。
いちいち第三次喫煙について、見知らぬ人にまで説明しながら行動できない。
ましてや、他人を気にして第三次を我慢する必要はないと考える。
誰から変に思われようが、タバコからの臭いや有害物質について、理解されないならされなくてもいい。
[世の人は我が何ともいわば言え、我が成すことは我のみぞ知る]

ユカタン より:

近くの禁煙区域の、公衆電話のところで受動喫煙に遭いました。
通り掛かったとき、サラリーマン姿の男性が、しゃがみこんだ後ろ姿でいました。
具合悪い人ではなかったようで、
電話しながら隠れて喫煙していたんです!
喫煙者は、タバコの吸える場所を必死で探すようだ。

ユカタン より:

私は、これでも喫煙者に注意をすることは、控えるようにしています。
なぜならば、誰もが一筋縄にはいかないから。
過去に建築現場の人に注意をして、逆に不愉快過ぎることを言われた。
建築中の囲いから出て、バンバンタバコを吸いまくり、足で踏み付けて、足で退けて一カ所に置いてたものでした。
それを見た私が、「タバコをここで吸われると苦しいので止めてください」と言いました。
すると、親方らしき人が、
「タバコで苦しいの?よかったね?うちも商売だからガタガタ言われたくないんだよな!」と。
これ以上、喫煙者を非喫煙者の居る空間に居させては大変ですよ。

ユカタン より:

どのようにしても、自宅での朝の始まりは、住人による煙害からです。
部屋中、いくら綺麗にしたとしても、ホコリなどが取り除かれるだけで、目に見えない煙害があります。
フローリングを拭くと真っ黒になるのは、外からの排気ガスだけとは思えないのです。
ベランダの窓などは最悪で、煙害や有害物質が、そのまんま付着したような感じですね。
ベランダで作業していれば、顔にタバコの臭いが被さるようにして流れて来る。
どの部屋の誰からかは検討がついている。
ここまで、部屋を三つ挟んでまで流れて来るので、相当なものです。
今は、部屋で過ごす時間は、生き地獄です。

パンダ より:

電器屋さんにも喫煙者が多い。
エアコンのリモコンが壊れ、買いに行きました。
多分、喫煙直後の店員ではないと思いますが、
しかし、何か空気が悪いような嫌な予感がしていました。
これだけで喫煙者と確定する事は出来ないのですが――、
男性を避けると言うことは、犯罪や事件に巻き込まれるという事なのです。
中毒患者なので何をされるか分からない恐怖も伴うのです。
いつも喫煙者を避けて生活をしているので、発作を起こす事が少ないと、病状が安定し、発作までの時間が伸びます。
商品説明はたったの3分弱くらいだったと思います。
反応にも多少時間がかかります。
支払いを終わらせ10分以内で店外へ出ました。
しかし、やっぱり発作が出ました。
喫煙者を避けるのは、発作が起こってからでは遅すぎます。
発作を起こさない事が受動喫煙症の病状の安定に繋がるのに、発作を起こさせる環境を避ける事が出来ません。
どうやってタバコの有害物質を察知し、少量の有害物質から逃げる事が出来るのかを、誰か教えて下さい。

パンダ より:

タバコを吸う人ってマナーや環境、人の事はあまり考えないのでしょうね。
どれを取っても悪い事ばかりです。
ポイ捨て、禁煙場所や綺麗な環境での喫煙、歩きタバコなどの迷惑行為ばかりで、周囲の人が困っているのを横目に、嫌がる方が悪いと言わんばかりにあざ笑うかのような行動。
こんなにマナーが悪いのにまだ喫煙を許す必要があるのでしょうか?
どうやって受動喫煙を防げと言うのでしょうか。

国は早くタバコを廃止にするべきです。
喫煙者が減っても残っているのは中毒者なのです。
中毒だから止められず未だにタバコを吸い続け、受動喫煙にさえ考えが及ばないのです。
中毒者にマナーや環境に悪い、人に害を与えるなど言っても、中毒症状の方が勝って守れるはずがありません。
なので受動喫煙防止の法律を作っても守れません。
アルコール中毒と同じく、タバコを吸えない環境しか無いのです。

多くの人がたった一人の喫煙者がいるだけで病気になり、発作が出たり、我慢したり、自分の子供の健康を悩んだりと生活が出来ないでいるのです。
そして死者をも出しているのです。
厚生労働省が受動喫煙の煙害死が年間15000人だと言ったのですよ。
これは年間なので今までに亡くなっている人は何十万人も居るのですよ。
そしてまだ死んでない患者がいるのです。
タバコを廃止するデータは充分じゃないですか。

たった1本のタバコが周囲にいる多くの人たちに有害物質を吸わせてしまうのです。
1本のタバコを吸った時に(吸った後に)10人の人と接触したら、1日10本吸う人は100人の人に有害物質を吸わせる事になります。
同じ人が1人のタバコで1日10回受動喫煙を受ければ、10倍の有害物質を吸い込む事になります。
会社に10人喫煙者が居れば1日100倍の受動喫煙に遭うのです。
そして、コンビニの店内や電車の中など喫煙者との接触があれば、それ以上の受動喫煙に遭います。
どんなに法律を作っても防ぐ事は出来ません。
それでも受動喫煙症にならないと言いきれるのですか?
まだ死者を増やしたいのですか?
少子化問題とか戦争反対とか言いながら、国民の命よりお金の方が大事ですか?