受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

たしかに、年代が下がるほど受動喫煙の悪影響も大きいですよね。
高齢ともなれば、むかしはどこでも、と、あたまにありますから、そこらでタバコを吸うことに、まったく罪悪感さえ、感じられないのでしょうね。
いまはむかしより受動喫煙はマシな方だとか、自分はむかしからこうやって喫煙して長いけど元気だしどこも悪くない、問題ない、などと勝手に解釈する傾向が強いとおもいます。
こういった高齢のかたがたに、タバコ煙害・受動喫煙について、なんとか教えようとしたなら、逆ギレされたりもしますよ。

ユカタン より:

自治体によって差があるのは、変な話ですね。
場所により異なるのでは、喫煙者も混乱をまねくことになりかねません。
一日も早く全国共通になってもらいたいです。

ユカタン より:

進むようでいて、いまだに、禁煙などにしていない飲食店が、うちの近所にはずらりとあります。
それも、広くもない、こじんまりとした飲食店。利用する客がさだまっているような、昼どきには、ちかくの会社員が中心です。
居酒屋なども固定客中心みたいです。
禁煙にする理由がないような、禁煙にしないで、このままやっていきそうな勢いに感じます。
わたしは、そんな近所では、いっさい利用しません。

ユカタン より:

かなり考えさせられる動画です。
これまでいくつかの職場に就きましたが、喫煙者のいない会社は、ありませんでした。
休憩からもどってくれば、ヤケにタバコ臭い社員。食品製造会社のときも、マスクをしていても、残留喫煙ばかりでした。
ということは、食品にも日々タバコの有害物質が付着しているということになります。
これは、ほんとうに、恐ろしいことです。
まだまだ、多くの会社では、喫煙者の不採用まではなっていないようですが、
やはり、出勤中の、屋外などでの喫煙を許可している会社の方針は、まちがいだとおもいます。
近隣にも迷惑がかかり、会社も汚れてしまいます。

ユカタン より:

いまだに、こんな職場などが存在すると思います。
働きにいって、まるで悪い引き換えのように、受動喫煙で苦しむなどは、これからはあってはならないと強く思いました。
ちょっとの受動喫煙でも症状がでるのだ、とアピールすることで、会社側が“めんどうな人間”と不採用にする決め手にされたらされたで、そこまでの職場だと断念するしかないですよね。。。。
僅かだろうとタバコ煙害は、勘弁です。
なんで、喫煙者の吸うタバコからの有害物質を吸わされないとならないのか。そこからおかしなはなしなんです。
不平等であり、人権に関わることです。
受動喫煙が長引けば、嗅覚がダメになり、わずかなタバコ煙をキャッチするのが遅れて、咳や頭痛などといった症状が出るのに、間に合わなくなることになります。
受動喫煙は、“ちりもつもれば山となる”ということわざにもあてはまり、だんだんと重症化してくるのにまちがいありません。
わたしも、どうもできずに悩み苦しむ日々が続くやら、なさけないやらです。

ユカタン より:

残留喫煙まであるのですから、子どもがいる親たちは、禁煙するしかありません。
タバコ煙害があれば、家庭内暴力にもつながります。
喫煙する親は、常日頃イライラしており、子どもの粗相を暴力で解決しようとします。
じっさいに、喫煙者の家庭内で、親に叩かれたり蹴られたりした子どもたちも、わたしのときは、そうとうありました。
ニコチン中毒で変貌したすがたで、無駄に子どもに暴力をふるうことになりかねません。

ユカタン より:

これも大変な問題ですね。子どもの前でタバコを吸う親御さん、子どもといっしょに歩きながら、喫煙する親たちのすがたもみます。
あるときは、子どもが横にいて、父親が変なものを口にしては手のひらに隠すようにしていたのが、加熱式タバコでした。これだけで驚きました。
こういうひとたちは、家庭内でも、堂々とタバコを吸うのでしょうか。
たしかに、子どものすぐ前では吸わないようにしている人も多くいます。しかし、ではどのタイミングでどこでタバコを吸われるというのでしょうか。
第三次喫煙を考えると、意味がなく、深刻なことです。
離れて吸うといっても、ちょっとの距離では無意味ですし、
1キロ以上先にでも行っては、吸ってから1時間たってから戻る、吸うときはその繰り返しでもやらない限りは、子どもの受動喫煙は防げませんよ。
受動喫煙から子どもを守るには、まず大人たちが非喫煙者でなければなりません。

ユカタン より:

第三次にもかなりきをつかうようになりました。室内でも、外でもなんら被害は変わりません。
残留喫煙がある人が、わたしの隣にくるだけで、肺も苦しくなり、咳込みます。
まさか、それだけで、と思う人も多いのではないでしょうか。
第三次でも人数がふえることで、受動喫煙と変わらないことになるということをわすれてはいけません。

ユカタン より:

いつも利用する、さいきんは週一ペースの宅配便で、宅配の女性から、
タバコの臭いが鼻につきました。誰もが知っている大手の宅急便です。
同社はもあまりにも過酷な勤務のシフトみたいだし、会社にはなんだか気の毒でいえません。黙っておこうかなと思いました。
毎回みなが残留喫煙でもなく、あのかたも、男性ばかりの世界でやっていくことが大変なことだと思いました。
しかし、ストレスだからと、タバコを吸えば、よけいにストレスがたまりますよ。
タバコではない、ほんとうのストレス解消法をさがすべきだと思いました。
残留喫煙も、会う相手は体調不良になりますから。

ユカタン より:

東京だから人数をこなさなきゃならないからなのか、区役所などの対応は、流れ作業なんでしょうか。
定期的に住環境での受動喫煙について話に行き、地区の担当者ではない方と話したのですが、
どうもこのひとは、受動喫煙においての重大性を理解していない。
むしろ、わたしにたいして、“なんだー、そんなことかあ~”というような表情をされておりました。
住環境なんかは、とくにすぐにでも何とかしてほしいところなのに、気長にやりましょうみたいな感じではないでしょうか。
区役所の人は、何かに取り付かれたような感じの機械人間ばかりが目立ちます。
このように伝えても、あのように言葉がかえってくるとわかってしまいます。
面倒な話は受けたくない。手続きなど決まりきったことのみ。
自室にいながら吸いたくもないタバコ煙害を吸いつづけるわたしに、くたばれということでしょうか?
まいど、決まりきった受け答えで、私たちを人間とみてないんでしょうか?

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。