受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

いつも利用する、さいきんは週一ペースの宅配便で、宅配の女性から、
タバコの臭いが鼻につきました。誰もが知っている大手の宅急便です。
同社はもあまりにも過酷な勤務のシフトみたいだし、会社にはなんだか気の毒でいえません。黙っておこうかなと思いました。
毎回みなが残留喫煙でもなく、あのかたも、男性ばかりの世界でやっていくことが大変なことだと思いました。
しかし、ストレスだからと、タバコを吸えば、よけいにストレスがたまりますよ。
タバコではない、ほんとうのストレス解消法をさがすべきだと思いました。
残留喫煙も、会う相手は体調不良になりますから。

ユカタン より:

東京だから人数をこなさなきゃならないからなのか、区役所などの対応は、流れ作業なんでしょうか。
定期的に住環境での受動喫煙について話に行き、地区の担当者ではない方と話したのですが、
どうもこのひとは、受動喫煙においての重大性を理解していない。
むしろ、わたしにたいして、“なんだー、そんなことかあ~”というような表情をされておりました。
住環境なんかは、とくにすぐにでも何とかしてほしいところなのに、気長にやりましょうみたいな感じではないでしょうか。
区役所の人は、何かに取り付かれたような感じの機械人間ばかりが目立ちます。
このように伝えても、あのように言葉がかえってくるとわかってしまいます。
面倒な話は受けたくない。手続きなど決まりきったことのみ。
自室にいながら吸いたくもないタバコ煙害を吸いつづけるわたしに、くたばれということでしょうか?
まいど、決まりきった受け答えで、私たちを人間とみてないんでしょうか?

ユカタン より:

ほんとうに北海道はどうしてしまったのでしょうか。
大空と広い大地のなかで、ともいわれるのに、
本当なら、どこよりも先に受動喫煙対策が完了していても不思議ではありません。
それなのに、国の中心の議員はなんなんでしょうか?
あなた方がタバコだのとこだわって、どうするつもりでしょうか?
他の議員でも、受動喫煙を回避したいひともいらっしゃると思いますよ。
いまどき、受動喫煙・第三次喫煙などと、なっていては、話になりません。
ほんとうに、海外からの観光客にまで、国ごと笑われてしまいます。

ユカタン より:

禁煙としている公園で、なおかつ念には念をと係員などが番兵して、違反喫煙者を啓発するような公園があります。
そこは、かつてはひど過ぎるぐらい、禁煙マークをたくさん貼付けて注意書きがされても、
構うものかと喫煙するひとが多かったということですが、
いまはもう、吸う隙もないぐらい、見張りがいるので、安心とうれしさがいちばんにあります。

ユカタン より:

路上喫煙は、違反喫煙と思えるものがほとんどだと思います。

それらを注意するにあたって、もっとも、恐れていることが、
違反喫煙者からの理不尽な暴言と暴力だと思います。

もし、そういうことがなくて、誰もが注意をできれば、
悪い喫煙者も少なくなると思います。

ただでさえ、イライラしながら、タバコに火を付け、吸う喫煙者が多いのですから、
ほんとうに、注意をするひとも、ある意味、命がけだと思います。
路上の違反喫煙者をよく注意する方の話では、
いまの世の中なにがあるかわからないから、身の安全第一だと話されておりました。

嫌煙其の壱 より:

 禁煙を実施しない店の経営者は思考回路がおかしいのでは。
 おそらく以下の事を頑なに信じ込んでいる被害妄想者では。

① 禁煙にすると喫煙者が来なくなる
② 禁煙にする事で増えるはずの嫌煙者、来店はありえない
③ 喫煙者が他人の煙で嫌な思いをするはずがない

 何処の国でも、全部禁煙にしても顧客数が増えた店はあっても減った店は無いという前例には目をそむけ、必ず客数が減ると信じ切っているのは、まるでダダをこねる幼児のようだ。

ユカタン より:

嫌煙其の壱さんへ
まったくその通りだと思いました。この日本という国は、
海外の禁煙事情については、目をそむける傾向がありますよね。
「なんでだろ~、とても大切なことなのになあ」といつも思います。   
もう、多国籍の方々が東京にはたくさん入ってきております。
たしかに、喫煙率がそうとう高いといわれているインドネシアなども、そうだとはおもいますが、
日本にきたら、より喫煙しやすくなって大助かりだなどといわれるように、
海外からの観光客までを喫煙に引っ張り込むような環境は、もう抜きにして、
はやく飲食店は全面禁煙の整備をするべきです。

ユカタン より:

これは、もう素晴らしいはなしです。
自治体が動けないでいるのですから、リーダーシップがある政治家にも協力してもらうべきなんです。
そこから、どうにもならない住環境のマンションや集合住宅での禁煙という定めにも、なっていければと、願う毎日です。
ほんとうに、ひとりで、だいぶ長く闘ってきた気がします。へこたれそうなぐらい、疲れもあります。
こちらの記事に、みな賛同します。

ユカタン より:

駅前に数多くある、囲いがあっても受動喫煙対策にはならない喫煙所、風向きや風の強さで、喫煙所からのタバコ煙害がそっくり剥がされるように漂ってくることも多々あります。
喫煙所があっても受動喫煙になる。
喫煙所がなければもっと路上喫煙が増える。 
しかし、喫煙所があるから、それをあてにして喫煙が増え、それで受動喫煙も増え、また近辺の路上タバコも多くなっています。  
受動喫煙にならぬようにあちらを片付けても、こちらでは無神経な喫煙者がいたりします。
なんだかモグラたたきのような日々に思えます。

受動喫煙撲滅機構 より:

大川様

1.「いろんな業界で売り上げが下がって」いることが、禁煙化が進んだせいだとは、どのような根拠・データから言えるのでしょうか。

2.「日本はすぐ規制をかける」とは、諸外国とどう比較したデータから(またはそのような意見や印象でもいいですが)のことでしょうか。
 タバコ規制に関しては、多くの先進国のほうが日本より進んでいるのは、いまさら例をあげるまでもない周知の事実です。

 多くの方の積極的なコメント投稿は感謝いたしますが、一般と違う見解を、断定して述べるなら、多少なりとも根拠を示すようにしましょう。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。