受動喫煙の被害増加で警告「女性でも殴る」! 多くの共感の声も =韓国= 住宅被害への法制化は進むか?

 お隣の国で、住宅での受動喫煙・ポイ捨て被害にたまりかねた人が、ちょっと過激な警告文を貼り、ネットで公開、反響を呼んでいるそうです。

 コロナの自粛要請で喫煙トラブル増加の韓国…「女性でも殴る」という警告文が注目を集める
  =『Search KOREA NEWS(サーチコリアニュース)』2021年09月01日=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 日本では……これまでは仕事で家にいる時間が短かったために、それほど気にならなかった隣室の喫煙が、テレワークによって家にいる人が増えたことや、コロナ対策の換気で窓を開ける必要性から、“臭い”に敏感になる人が増えている”

“こうした受動喫煙を巡るトラブルは万国共通のよう……韓国でも、ある喫煙トラブルがネットを通じて大きく報じられ、非喫煙者から共感の声が多く上がっている”

“あるオンラインコミュニティには、「男女平等♯202」というタイトルと共に1枚の写真が掲載……「他人の家の前でタバコを吸わないでください」という文言から始まり、「タバコに口紅がついていることから女性かもしれない」とし、「女性でも殴る」と、かなり強めの警告が記されている”

 意外にも、賛成の声が多かったそうです。

“この写真を見た韓国ネット民は、「真の男女平等」「本当にタバコの臭いが嫌で、この投稿者の気持ちがよくわかる」「すべてのアパート・団地周辺を禁煙エリアにしてほしい」「吸い殻は捨て放題で、唾も吐き捨てられている。人間のクズばっかり」などの反応を見せ、喫煙者に対する否定的な声を上げる人が多い”

“実際、韓国内での受動喫煙による入居者トラブルは根深く……2020年に寄せられた「受動喫煙または階間タバコの臭いに被害を訴える苦情」は2844件になり、2019年(2386件)より19.2%増加した”

“しかし、集合住宅に住む人にタバコを禁止する法は、日本はもちろん韓国にもまだない。共同住宅管理法上、現状では、他の入居者に被害を与えないように努力することと、マンション管理主体側が入居者に室内喫煙の中止勧告することができるだけだ……日本も韓国も、対処が難しい問題だ”

 日本であれば、暴力的、しかも女性にも、というのは、警告とはいえ反感を持たれそうですが、それ以上の、受動喫煙への怒りを持つ人が多い、ということでしょうか。

 じつは、当機構発行の『STOP受動喫煙 新聞』第22号(2018年4月)で、職場被害の裁判で勝った活動仲間に取材に来た、韓国の国営放送の記者とカメラマンに、韓国の状況を逆取材し掲載したのですが、そのとき彼らは、住宅被害はほとんどない、といっていました。
 あれから3年たち、受動喫煙がひどくなったか、国民の意識が高まったのか、または記者たちの身近では被害がなかっただけなのか、それら両方でしょうか。

 『STOP受動喫煙 新聞』22号の一部

厳しい法規制を期待

 先の記事の最後、韓国も、住宅の受動喫煙を禁止する法制度はない、とのこと。
 しかし韓国は、日本から“輸入”され一時大流行したパチンコが、依存症者が増え社会問題となったたため、一気に全廃しました。日本とは大違いです。

 また10年以上前の2009年、私が韓国の知人に、「エスカレーターはどちら側をあけて乗るの?」と聞いたところ、「事故があって、エスカレーターで歩くのは禁止となった」と言っていました。日本では片側開け・歩くのが普通だったころです。パチンコ禁止とあわせ、何でも問題発生のさいはすぐ対処・やるとなったら徹底する国なのかな、と感じました。

 飲食店などの公共施設の禁煙化はとうに進んでいる国=『STOP受動喫煙 新聞』第17号(2017年1月)掲載=、前記事のネット民の声、“全集合住宅の禁煙化を”は、少なくないものと思えます。住宅の法整備も近いのではないでしょうか。早く進み、遅れている日本の見本となることを願います。

 ☆この韓国のニュースサイトには他にもおもしろい記事があります。
 2016年・’18年とけっこう前から韓国では喫煙規制が進んでいたようです。

 徹底した “喫煙者狩り”を強硬する韓国政府とそれでもメゲない“タバコ愛”
  =2016年07月22日=

 韓国で“スモーキング・カフェ”が廃止に。ますます肩身が狭い喫煙者の現状
  =2017年11月29日=

[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 韓国の喫煙禁止地区は吸い殻がたくさん・・・しかし“日本はもっと”? ’21年2月

 韓国が“受動喫煙は危険な行動だ”と警告しました ’20年9月

 「食堂でタバコ吸ってる!」外国人は日本の受動喫煙に驚き!「先進国なのに」「昔の中国みたい」 ’19年11月

 集合住宅が条例で禁煙に ~ サンフランシスコ ’21年8月

 受動喫煙のある・「喫煙者が隣に住んでいる」物件は “入居の前に知らせてほしい!” アナウンサーが番組で訴え ’21年6月

 家賃に差をつけた「禁煙特約」物件 ’20年11月

 市営住宅が禁煙に!~豊橋市 ’19年3月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*