京都で路上喫煙が「激減」? 続き

 先日の同題記事の続きです。

 国際観光都市京都の喫煙事情(下)啓蒙活動と分煙環境整備で路上喫煙が激減
  =『日刊ゲンダイDIGITAL』公開日:2021/11/25 05:59=

“京都市では2007年6月から路上喫煙を禁止する条例が施行され、過料徴収区域が指定された……指定エリア内では、路上喫煙禁止と過料徴収を明記した立て看板、ステッカー、ポスター、そして路面標示シートで啓発活動を展開。これらは日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で表記されている”

“喫煙者を排除するだけではない。指定エリアを含む市内18カ所に公設喫煙場所が整備されている……「過料徴収区域を指定した以上は喫煙場所も整備していかなければならないということで、平成20年代に入ってから設置を進めてきました。平成20年代は、過料徴収の多くが外国人旅行者だったこともあり、多言語表示での啓発活動を行ってきました。喫煙する人、されない人が共に住みよい、社会活動しやすい環境整備に努めています」(京都市くらし安全推進課)”

“喫煙所にも立ち寄ってみたが、やはりいい雰囲気だ。そうなると利用者もマナーを守るのだろう、内部は灰皿もきれいだし、整然としていた。もちろん、周辺にポイ捨てされた吸い殻はなかった。壁に貼られていた啓発ポスターは「路上喫煙禁止」を、なんと13カ国語で呼びかけていた”

“ 緊急事態宣言が発令された一時期は、市内の喫煙所が閉鎖され、残念ながら喫煙所周辺に吸い殻や空き缶などごみが散乱するといった光景がみられたという……喫煙者はマナー順守を徹底しないと、自らの首を絞めることになる”

 上記引用の最後の一文は、いいこと書いていると思います。(それに続く記事の締めの文は疑問ですが)

 またここでも、行政は、“喫煙者も住みやすく”論なのですね。タバコやめたらもっと生活がよくなる、ということは考えないのでしょうか。

 喫煙所が開いていてもその周辺で吸う人たち(横浜・’15年)

[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「喫煙者へのアンケート」~ 「喫煙者も喫煙所を利用したくない」? ’21年6月

 感染防止へ、喫煙所の廃止・撲滅を ~ 政府が“注意呼びかけ” ’20年10月

 400万円かけて煙・臭いダダ漏れの喫煙所を2か所も!=奈良県庁=「法律違反の疑い」「直ちに撤去すべき」 ’19年12月

 ほとんどの人はタバコ臭に敏感! / 400万円の喫煙所が税金で建てられることに?! ’19年3月

 喫煙所の周辺は吸い殻が大量に~動画配信 受動喫煙も ’18年11月

 “周りに被害を与える可能性に「タバコをやめる」が62.4%” ~新型コロナ問題・アンケート調査/「感染と喫煙・喫煙所・受動喫煙」問題・その15 ’20年5月

 動画シリーズ『新型コロナで死にたくなければ~』(松沢成文理事) 第③弾! “危険すぎる喫煙所は「4密」” / ≪感染と喫煙所≫問題追及その16 ’20年5月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*