「電子タバコ」が世界で規制、では「加熱式タバコ」は? 受動喫煙は?

 当サイトや『STOP受動喫煙 新聞』でおなじみの研究者、
田淵貴大医師にインタビューされた新記事がありました。 (当サイト関連既報は→末尾にリンク)

 外国で「電子タバコ」の販売禁止や規制が進んでいることが連日のようにニュースになっていますが、
 では電子タバコとは違う、
「加熱式タバコ」はどうなのか? の興味深い論説です。

 加熱式タバコ大国日本。電子タバコ規制強まる中で「加熱式」は大丈夫なの?
  =『BUSINESS INSIDER JAPAN』=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“日本で普及しているのは電子タバコではなく「加熱式タバコ」だ。クリーンなイメージで販売されている「加熱式タバコ」なら安全なのか?”

“電子タバコと加熱式タバコは呼称こそ違うが、筒状で発熱する電子デバイスを使用したり、煙のような「エアロゾル」(気体中に浮かぶ微小な液体・個体粒子の総称。ベイパーとも呼ばれる)を発生させたり、見た目や使い方も両者は似ており、一般には区別がつきにくい。新型タバコから発生するエアロゾルは、無害な水蒸気ではなく、有害成分を含むミストだ”

“JTの回答は以下だ。
「弊社のPloom製品……は電子タバコではなく、 加熱式タバコ。……アメリカで問題となっている電子タバコとはそもそも異なる製品」

これらの回答に対し、長年にわたりタバコ対策の研究に従事する、医学博士で大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長の田淵貴大氏はこう指摘する。
「『電子タバコと加熱式タバコは違い……問題になって健康被害で訴えられているのは電子タバコの方です』といった説明は、タバコ会社の思惑通りに世論を誘導するための決め台詞でしょう。

中身は違うものですとアピールしたいのでしょうが、電子タバコと加熱式タバコには多くの共通点があり、特にプルーム・テックは電子タバコと非常によく似た製品です。さらに言うと、世界的には、むしろ電子タバコよりも加熱式タバコの方が有害だと考えられています」”

“「広告物に『9割以上低減』と大きな文字で書かれていたら、健康にほぼ害がないと誤解してしまう。実際には、発がん性物質など多くの種類の紙巻きタバコと共通の有害物質が加熱式タバコからも検出されている。
……一律に低減されているわけではありません。さらに、加熱式タバコにはニコチンは多く含まれますから、ニコチン依存はどちらにせよ維持されます
「未知の物質による有害性も懸念材料の一つ。……加熱式タバコからは電子タバコよりも多量の発がん性物質が検出されています」”

“田淵氏は、受動喫煙防止の観点からも、「加熱式タバコ大国」の現状に警鐘を鳴らす。

「……空気を読む国民性だからこそ、マナーに配慮したガジェットなんだと擦り込まれてしまう可能性があります。
……子どもや家族への害に配慮して家や車の中でタバコを吸わなかったお父さんが『加熱式ならいいか』と吸い始めたり、『加熱式OK』のレストランが増えたりしています。日本社会はある意味、時代に逆行しています。これだけ加熱式が増えてしまったのは日本だけであり、大きな問題だと思っています」”

田淵氏監修の、最新刊も出ました。
『あなたのため まわりのため 禁煙マニュアル 』150円+税
(社会保険出版社)

好評既刊

[当サイト主な関連既報]
 加熱式タバコの方が被害が強いという人も ’19年4月11日

 加熱式タバコは紙巻タバコと同様にダメ!~ 研究者・経済学者の対談 ’19年4月16日

 加熱式タバコも確実に受動喫煙があります~名ブログ紹介’19年5月27日

 加熱式タバコは日本ばかりで売られています=アイコスは96%も ’19年10月1日

 『職場の受動喫煙対策』第5回=「社内禁煙と加熱式タバコへの対応」は? ’19年10月15日

 (他にもありますので、「加熱式」などで検索してみてください)

『STOP受動喫煙 新聞』連載
 第27号 – 2019年(7月)夏号第28号 – 2019年・秋号

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

「電子タバコ」が世界で規制、では「加熱式タバコ」は? 受動喫煙は?”に1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    これは、早いところストップしないと大変ですよね。
    電子タバコだけを悪いとして、
    加熱式なら健康被害がないような、思わせぶりみたいな誘導は、罪としか思えません。
    加熱式タバコの存在は、個人的にも困っております。

    家庭内で親が家族に気をつかって、家でも車でもタバコを吸わなかった。
    それを加熱式タバコならよいか、などど吸いはじめるなんて、それは「喫煙思考」に逆戻りなだけです。
    この現状、加熱式タバコ大国に警鐘を鳴らすことに賛同します。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*