受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿された記事のページになります。
 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメント末尾の「返信」をクリックして投稿してください)
〈注意事項〉
「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
 ・受動喫煙と関連しない、他の話題のみの投稿
 ・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、能動喫煙やタバコの問題
 ・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
 ・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
 ・その他、文意不明や、不穏当な文など、当サイトでの公開にふさわしくないもの
※公開のために内容などの確認をすることがまれにありますので、アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届く設定に)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は、受け付けません。
※投稿者名(筆名=ハンドルネーム可)は、すでに公開されている別のかたと同じ名前にならないよう、ご留意ください。
 また、同一の方が複数の名前を使うこともないようにお願いします。(特別の事情がある場合はご相談ください)

*公開されたコメントの著作権は当機構が有します。他の媒体(『STOP受動喫煙新聞』や活動資料)に転載することもあります。

寄せられたコメント

ぶたこ より:

東京都世田谷区の住宅タバコ問題です。

うちの裏の家にK谷さんという小さな女の子のいる3人家族が住んでいます。

ここ半年くらいは、喫煙者のご主人が転勤なのか?不在で、私の受動喫煙症から化学物質過敏症に悪化した症状が改善されてきたころでした。

しかし、昨日から帰ってきたようで、一日中なんか目がヒリヒリして喉が痛くなり、頭痛がしてきて、裏の家から刺さるような香料の臭いがしてきました。

絶えずこの臭いが夜になってもしてくるので、近所の洗濯物の柔軟剤の臭いではありません。

この刺さるように飛んでくる臭いには心当たりがあります。匂い付きの電子タバコです。

以前、このお宅が引っ越して間もない頃に、紙巻きタバコを換気扇回して20~30分おきに吸っていたので苦情をあげたことがあります。

10月に入り、半年ぶりに帰ってきたら電子タバコならバレないと思ったのか、一日中絶えず刺さるような香料がバンバン入った電子タバコを吸っています。

一時的に荷物を取りに転勤先から帰宅したとかであってほしいです。

タバコを吸うなら、人のいない近くの川沿いにて吸ってほしいです。
しかし世田谷区は路上喫煙は禁止ですが、住宅密集地にて受動喫煙被害を受けている者としては、人のいないところでタバコを吸って下さいというのが本音です。

これがこの先毎日続くと化学物質過敏症と受動喫煙症状が悪化します。

電子タバコって、こびりつくんですよね。長く残留するというか滞留するというか。
日本で電子タバコは人体実験中であるので、その受動喫煙の犠牲にはもうなりたくありません。

海外ではほとんど国で電子タバコは販売禁止にされていますので。

私は以前、電子タバコの受動喫煙で声帯に結節がいくつかできて声ガレと痛みがスゴく、出血もありました。ポリープができると厄介でガン化することもありませので。

これからは健康被害が出たら遠慮なく110番します。

警察にも、以前に注意して、健康被害が出たと言ったにもかかわらず、受動喫煙が止まないなら110番しても構わないと相談した際に言われました。
何度でも通報していただいても構わないと。

とにかくタバコを止めない喫煙者に対しては、徹底的にやるしかありません。
喫煙者は自分が吸いたいからタバコを吸っているだけで他人の健康被害など、どうでもいいと考えている薬物依存症なのですから。

このK 谷さんの小さな女の子は、夜中の2時過ぎにも親が外に連れ出したりしているのでタバコ以外にも、子育てにも問題ある家族なんでしょう。夜中に子供の声が外でするのは通常ではありませんから。

皆さんも、住宅タバコ問題は毎日のことで、健康被害が断続的になりますので、ガンガン110番通報をすることを推奨します。

タバコは周囲の他人を巻き込む公害です。

近所だから遠慮している場合ではありません。

化学物質過敏症になるまで受動喫煙症状が悪化すると、学校や会社にも行けなくなり、生活に大きな悪影響が及びます。そして経済的に困窮します。症状が慢性化して、そのさき一生にわたり付き合う病気になります。

タバコ問題のない、喫煙者のいない職場を見つけるのは、なかなか困難です。
通勤や通学中にも周囲の喫煙者に対して、注意が必要になります。

喫煙者は全身やカバン等の持ち物にもタバコがこびりつき、それを周囲にばらまいて常に放出していますので。

加害者である喫煙者の、ただ薬物依存症だからタバコを止められない、吸いたくて仕方ない、には我慢して付き合う必要はないのです。

受動喫煙は突然死だってあるのですから、近所の喫煙者には徹底的に警察を交えて闘って下さい!

しかし喫煙者のいる家ってタバコをその時吸ってなくても、玄関のドア開けたらスゴい臭いが飛び出してきますね。

この裏の家のKさん宅とは50cmしか離れてませんので、今も私の家の中は電子タバコがこびりついたのか、シックハウスみたいになってます。

窓をずっと閉めてればいいと、よく喫煙者は言い訳でいう時がありますが、サッシのすき間をはじめ、あらゆる所から入ってきます。

臭いは入ってきますよね、気体ですから、と警察の相談受けた方もそう言ってました。

それに喫煙者のために、なぜこちらが自分の家の窓を開けられないのか?
近隣の喫煙者のために、自分の家の換気もできないのか?
そんな理不尽なことをする必要はないのです。

しかし、こんな四六時中タバコ吸ってばかりいて、会社でも勤務時間中に我慢できないからきっとタバコなんでしょうね。

勤務先は、それが許される職場、会社であることは間違いありません。
健康意識の低い人ばかりが集まった会社というのはありますからね。
管理職もタバコだらけとか。

オフィスもエレベーターの中もタバコ臭が漂うが当たり前になっている二次喫煙、三次喫煙が当然みたいな会社。
安全配慮義務というコンプライアンスも、ちんぷんかんぷんのアホな会社は今でも存在しますから。

Kさんの住むこの裏の家だけは賃貸なんです。大家は近所のマンションに住んでいますが、そこのご主人もかなりの喫煙者でした。
類は友を~で大家も借りた方も喫煙者!
だから喫煙者しかいない地域にでも引っ越してほしいです。

大家は次の借り主に貸す際は、壁紙から天井、床板にいたるまで総取り替えしないと次の借り主が病気になります。

喫煙者に貸すとそういう部屋や住宅を介しての受動喫煙問題が発生します。

白い部屋を喫煙者に貸すと、一年後には黄色い部屋になっているという話はよくありますので。これからの時代は、喫煙者には敷金礼金を高くするが大家として必要ですね。

とにかく、住宅タバコ問題はまずは警察を呼びましょう!

通報があった以上は、警察の方で記録として残ります。
それに警察は無料ですから。

それでも懲りない喫煙者には、多少お金がかかりますがタバコ問題を熟知した専門弁護士と警察の両方から対応してください。

タバコで健康被害は、タバコを吸っている本人の喫煙者だけであるべきです。

まだ酒が止められない、アル中の方がマシですね。タバコと違って周囲の他人まで酒を飲んだことにはなりませんから。

タバコは周囲の他人を巻き添えにするので始末が悪いです!

さあ、皆さん、これからは住宅タバコ問題は警察に被害の都度、何回も110番通報しましょう!

全国的にタバコの受動喫煙による健康被害で110番通報が相次いで発生すると、行政も住宅タバコ問題に対して動かざるを得なくなります。

警察には110番通報があった以上は、出動する義務があります。
喫煙者が開き直りや、恫喝してきた際にも警察がいた方が対応してくださいます、とにかく記録に残りますので。

日本では受動喫煙は人権侵害と定められています。

これからは「住宅タバコ問題は110番通報」の時代です。

you より:

アレルギーはあるとしか思えません
なぜなら私が幼少の頃に経験しているからです。
私が産まれてから初めて家に帰った時です。私の家族は喫煙者はいないのですが、産まれた私を一目みようと親戚の人が来た時の事です。
昔は家でタバコは当たり前の時代だったので、親戚の人がタバコを吸い始めた途端に、私の身体に赤い斑点が出来たそうです。
この時はまだ何故なのかわからなかったそうです。
その後、病院に連れて行かれ、改めてアレルギー検査などをしましたが、当てはまるものがなく、その日は応急処置と入院をして終わりました。
その後も街などで歩きタバコなどタバコの気配がある場所などで反応が出ていたそうです。
そんな症状に悩まされながら私が2歳になるくらいの時に、親戚の兄が家に泊まりに来た時でした。悪ふざけでタバコの煙を私に吹きかけて来ました。
すると一瞬で身体に発疹と咳が止まらなくなり、母がそこでもしかしたらと思ったようで、病院に連れて行き説明をして、今で言うニコチンパットのようなものを腕に貼られたら見事にアレルギー反応が出たそうです。

以後は細心の注意をはらい生活をすることになりました。今は成長と共にアレルギーの症状もなくなっていきましたが、それまでは今のように分煙などが進んでいなかった為、私にとっては住みづらく毎日タバコと症状に怯える日々でした。
ですが、今でもタバコは苦手で、匂いがしただけでも不快になります。

null より:

路上喫煙するな。非喫煙者が大迷惑してる。副流煙は暴力です。ルールさえ守ってれば我慢します。ちゃんとルール守ってる喫煙者にも迷惑かかってます。気付けよ、カスどもが。

くに子 より:

枝野さん喫煙者ってイメージじゃないですが吸うんですね。カッコ悪すぎですね。

あきら より:

喫煙者のモラル、マナーが無さすぎる!
喫煙者は煙にも、灰にも管理責任があると思う、ましてやポイ捨ては言語道断。
走行中の携帯がダメでタバコは良いとは可笑しい。
せめて窓を開けての喫煙は取り締まって欲しい。

柴田雅子 より:

1年前に一軒家に引っ越し、お向かいの方が外に出て
タバコを吸う。

裏のお宅は、家族全員で吸ってるのか、
煙りが、我が家の換気扇やトイレの窓、お風呂場の窓の隙間から、流れてきます。

1階のリビングと2階の寝室に空気清浄機を置いていますが、コロナで在宅ワークで
皆さん家に居るらしく、一日中臭っています。

私は、喉が弱いので咳が出て、頭痛と吐き気で、日に日にひどくなってきました。

週の半分を実家に帰ったりしていますが、どこにどのように、苦情を言ったら良いのかが、わからず、市役所にメールしましたが、回答無し。

歩きタバコも禁止の今、自分の家の中で吸わず、わざわざ外に出て吸うとは、呆れる毎日です。

今は、コロナよりタバコの煙りが一番怖い。60歳のばぁばです。

R3 より:

はじめまして。近所のローソンの灰皿の扱いに疑問があり、こちらにたどり着きました。
ローソンスリーエフ京王よみうりランド駅前店は、一旦灰皿が撤去されたものの、最近設置を再開しました。
ローソンでは自治体の路上喫煙禁止条例該当エリアにある店舗では店頭と灰皿を設置しない、とホームページに書いてあり、京王よみうりランド駅前は東京都稲城市の喫煙禁止条例該当エリアのため、問い合わせてみました。
結果、要約すると店舗側が「灰皿を置かないと近隣の競合に負けるので撤去できない」と本部に回答し、本部も「店舗に灰皿撤去を強制できない」と私に回答してきました。
強制力のない事をホームページに載せるのは、なんだかなぁ、と思いました。

通りすがりの困ったさん より:

初めまして。
UR団地での受動喫煙に困り、こちらに辿り着きました。
この訴状のその後の記事がGoogleで検索しても見つけられないのですがどうなったのでしょう。

より:

勝手にスパスパ吸って癌でくたばるのはいいけど、外で有害で臭い煙を撒き散らすのは迷惑。自分だけ有害な煙吸って病気になってくれ。回りを巻き込むな。

喫煙者イコール脱糞マン より:

トイレがないからその場で脱糞するかい?

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。