1200万円の喫煙所!? ~ 京都府

 2年前、高額な喫煙所を設置する問題の記事を紹介しましたが、
 →ほとんどの人はタバコ臭に敏感! / 400万円の喫煙所が税金で建てられることに?!

 なんと同じその市で、その3倍の額で建てる計画が進み、地元紙が問題として報じています。

 喫煙ブース予算1200万円「高すぎ」 議会で疑問相次ぐ、京都・亀岡
  =『京都新聞』2021年3月20日18:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“喫煙ブースを設置するため、市が2021年度一般会計当初予算案に1200万円を計上……「高すぎる」との意見が相次いでいる……市長は「なるべく安くなるよう努力したい」との考えを示した”

 「安くなるよう」ではなく、「作らない」が一番安いでしょうが。
 記事は、経費が3倍になった過程が続きます。

“ 市は18年、路上喫煙規制条例を制定しJR亀岡駅南と馬堀駅の灰皿を撤去19年、市内のJR4駅とトロッコ亀岡駅周辺を「路上喫煙禁止区域」に指定した。
一方、受動喫煙対策と喫煙者の利便性を両立させるためとして、まずは19年度当初予算で……集じん・脱臭装置を備えたガラス張りのブースを作る費用に400万円を計上……防火仕様にする必要があったとして最終的に3倍の1200万円にかさんだ。ブースは近く完成する”

“市議会では設置自体に異論は出ていないものの「もっと安価にする方法はないのか」「馬堀駅の費用を見直し、他の駅にも設置する考えは」と指摘”

“ 予算案は修正なく可決される見通し。……今後、防火仕様をやめることも視野に設置場所を再検討するという”

 最後の文、“予算案は可決される見通し……防火仕様をやめることも視野に設置場所を再検討”とは、よくわからないですね。予算は1200万円のまま通して、防火使用をやめたり場所を変えたりで安くする、ということでしょうか?

 しかし、設置に反対する市議は一人もいないのでしょうか。議員の尽力もあって喫煙所計画を見送らせた仙台を見習ってほしいですね。

 写真は横浜駅西口・高島屋前の喫煙所。(’20年4月、既出)
 離れたところまで悪臭が漂っています。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「屋外喫煙所」問題に街の声… JTは“受動喫煙は少なく発症はまずない”と…⁈ ’19年5月

 またもや≪喫煙所で感染≫!「受動喫煙の害とともに、ウイルスをもらう危険性にも警戒すべき」 ’20年8月

 受動喫煙で救急車に! 20mはなれていても…路上喫煙の撲滅をツイッターで訴え ’20年1月

 動画シリーズ『新型コロナで死にたくなければ~』(松沢成文理事) 第③弾! “危険すぎる喫煙所は「4密」” / ≪感染と喫煙所≫問題追及その16 ’20年5月

 喫煙所を増やして良いことはありません ~ 低レベルな『アエラ』報道の誤謬 ’21年4月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*