マナーを守る喫煙者も多いとしながら、喫煙所を増やせという記事

 たいした記事ではないですが、最近ネタが少ないので……。

 またの、喫煙所が減ったことの“考察”記事ですが、まちがった“考察”があり、結局は喫煙所を増やし、喫煙を助長する主張ですので、注意・チェックしながらお読みください。(マシな部分を抜粋します。「……」は文省略・太字化は引用者によります。)

 コロナ禍で喫煙所難民が急増 「喫煙マナー」と「喫煙所の有効性」を考える
  =『週刊女性PRIME』2021/4/19=

“今問題となっているのが、路地や空き地など屋外での喫煙だ……SNSでは「喫煙所がなくなり、ポイ捨てが増えたことで火事が心配」「ここ最近、路地に隠れて喫煙する人をよく見かける」といったつぶやきや、歩きタバコやタバコのポイ捨てなど、喫煙にまつわるマナー違反者を撮影した動画が頻繁に投稿されるようになっている”

“喫煙所が撤廃され、様々な制限がある中で喫煙マナーを守りながらタバコを愉しんでいる人がいるのも事実。しかし、中には自由を奪われたことでストレスを溜め、喫煙マナーを破ることも致しかねないと感じている人も少なからずいるのかもしれない”

 「喫煙マナーを破ることも致しかねない」人とは、問題者ではないですか。取り締まるべきです。

 画像は何度も出していますが、違反者を見た会員が警察に言って注意させたところ。(ほとんどの警官は、見つけても自分からは注意しに行きません)

 記事にある三鷹のトレーラー喫煙所については、以前にあげています。

 一時閉鎖した喫煙所が、再開せず撤去に!…ただし? 〈関連「感染と喫煙所」問題・その21〉 ’20年7月

 移動できるトレーラーにしたのは、すぐに移動や撤去するためではなく、手続きや経費の問題なのです。

 
画像は千代田区のトレーラー。5年すえ置きの予定とのこと。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 法施行1年アンケート調査・「路上喫煙」「ポイ捨て」とも「減った」が65%超 ’21年4月

 喫煙者の“吸う人権”は単なる暴論、「被害者側の人権」こそ考えるべき~人権活動家の論説 ’20年12月

 迷惑なコンビニ喫煙者と、卒煙者と ’21年2月

 “〈私有地でも〉公共に受動喫煙をさせないこと” ~ 前進した受動喫煙防止の啓発 ~ 東京都港区 ’20年12月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*