ドキッ! とする警告看板 ~ タニタ

 大和浩教授のメールマガジン配信で、知人がおもしろい看板をみつけたと、写真が送られてきました。

 同じ場所にあと二種類の看板があったそう。

  

 以下、大和教授からの配信での説明です。

TANITA社の「ポイ捨て防止」の面白看板

 知人から「面白い写真を手に入れた」と送られてきました。
 きっと、この植え込みの中にたくさんのポイ捨てが発生していたのでしょう。

 ・火事の原因
 第1位は長いこと「放火」でしたが、防犯カメラの普及による抑止効果で減少してきました。
 その一方で、安定した数で第2位であった「タバコ」が第1位になりました。

 ・吸い殻からDNA
 実際に検査するわけではなく、ドキッとする効果を狙った内容ですね。

 ・肺に穴があいた
 タバコのために肺気腫=肺の一部が薄く、破れやすくなります。
 「1回目のあとは吸い続けていましたが、
 2回目はよっぽどつらかったようです(実話)」

 すべての喫煙者、その周りの非喫煙者に読んで欲しい看板です。

 写真を送ってきた知人は「ナッジ」を勉強しています。
 ナッジは「肘で軽くつつく」という意味で、強制をせずに望ましい行動を促すことです。
 例えば、
 ・ゴミ箱の上にバスケットゴールの板を設置するとゴミをシュートして散らかさなくなる、
 ・男子小便器の中央部分に「的」があるとそれを狙うので周りが汚れなくなる、
 ・吸い殻入れがサッカーの勝ちチームを予測する2つの透明な箱になっている、など。

 ここで紹介した看板も「ポイ捨て禁止」よりも効果があると思います。

 このタニタの警告看板、活動者の情報によりますと、この他にもおもしろいパターンがあるそうです。検索してみてください。

なぜ火災原因が放置?

 私(『STOP受動喫煙 新聞』編集局・内藤)が子どものころの1970年代、火災の原因1位は毎年タバコというのを読んで、「どうしてタバコを取り締まらないんだろう?」と子ども心に思っていました。
 (世の中が、法規制までも、利権中心で動いていると知らなかった幼きころで…)
 ’78年ごろでしょうか、放火が1位にとって代わりました(タバコは2位に)。
 これは病んだ人が多くなったせいかな、と思いましたが、喫煙率の低下もあったかもしれません。
 大和先生によると防犯カメラで放火が減ったとのことですが、喫煙率はさらに低下したのに、1位に返り咲いているのが情けないですね。

 放火は重罪で、人が死ねば死刑もありうる犯罪行為です。
 タバコの不始末、違反喫煙は、たとえ火災にならなくても、防止のために、厳罰にすべきです。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 ポイ捨て吸い殻のDNAから、違反者の顔写真を復元 “指名手配”に?! ’20年10月

 大規模な山火事が発生! 原因はタバコ? ~ 山での喫煙・受動喫煙の撲滅へ、「禁煙学会」が総務省に申し入れ ’21年3月

 山火事対策で「禁煙条例」制定へ ’21年3月

 受動喫煙にあったときの身体内部(肺)の状態がよくわかるシミュレーション機材「スモーキング モンスター」 ’18年10月

 ポイ捨ても法律違反・犯罪です ’20年6月

 路上での受動喫煙・ポイ捨てへの“怒り”を漫画で啓発 ’19年10月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

ドキッ! とする警告看板 ~ タニタ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 通りすがり より:

    いつも記事をありがとうございます。

    ここに他のタニタの看板の写真を見つけました。
    https://itabashi-times.com/archives/tanita-nosmoking.html

    タニタのウェブサイトに説明がありました。
    https://www.tanita.co.jp/topic/detail/2021/0531/

    1. 受動喫煙撲滅機構 より:

      「通りすがり」さま、よい情報、ありがとうございます! 助かります。
      (『STOP受動喫煙 新聞』編集局長)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*