「マンション規約」の「改正案」を募集しています=国交省=’24.3/2まで

 マンションの規約に関して、全国的に管轄する国土交通省が、意見を公募しています。(「パブリックコメント」=略してパブコメとは、国や自治体が一般人に意見を募集することです。わざわざ外来語にせず「意見公募」との見出しにしろ、と思います)
 ’24年3月2日(土)しめきりです。

 わたしたちとしましては、受動喫煙被害のなかで最も数が多く、最も深刻である、マンション・アパート等、集合住宅の被害を無くすための、意見を出しましょう。
 すでにある良い規約については以下の記事をご参考に。
  マンションで受動喫煙撲滅の規約が新たに! 自室も「近隣に受動喫煙被害を与えること」は禁止に ~ 兵庫県明石市 ’23年5月
 “受動喫煙の可能性がある喫煙は禁止” マンション規約が新たに “喫煙者側が証明すべき” ’23年12月
 (その他の関連記事も末尾に記載。)

 さて今回の募集は以下。

 「マンション標準管理規約」の改正案に関する意見募集について
  =『e-Govパブリック・コメント』(=「各行政機関が実施する意見公募手続について、意見募集状況、パブリック・コメントの実施結果に関する情報の提供を目的としたデジタル庁が運営するWebサイト」)

 こんな画面になりますので、下のほうの「意見募集要領(提出先を含む)の全部を確認しました。」の左の四角をクリックすると、右下の「意見入力へ」に進みます。

 わかりにくい「案」が示されていますが、むつかしく考えず「こういう規約を作ってほしい」「喫煙可能でも、受動喫煙は禁止とする規約を盛り込むこと」などを自由に述べてみてください。

 用紙もあります。(その前に「要領」)
  

 みなさん、送付後、ぜひ「こんな意見を送った」という例をお寄せください。ここに示して、応募を考えている方々の参考にしますので。

 ちなみに、「日本禁煙学会」が昨年9月に各省へ要望した文は以下です。

 財務省、国土交通省、厚生労働省に申し入れをいたしました=「一般社団法人 日本禁煙学会」2023年9月27日=
 (以下画像は国交省への申し入れの2・3ページ)
    
[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓やカテゴリーで引いてみてください。
 43号=’23年・夏号=発行 「マンションの受動喫煙を禁止とする規約成立」など役立つ情報を多数掲載 ~ 唯一の“受動喫煙問題”定期刊行紙『STOP受動喫煙 新聞』 ’23年7月

 マンション“近隣に受動喫煙の被害を与えない”規約改訂が、再度大手紙で取り上げられました ’23年6月

 住宅の受動喫煙は「最後の聖域」 『産経』加納裕子記者論説 / 路上喫煙撲滅への意見公募を実施中=大阪市 ’23年8月

 マンション・アパートでの受動喫煙「被害者たちの声」が増えている 規約改正も実現 ’23年11月

 ベランダ喫煙は「マンション使用細則モデル」で禁止されています ’20年1月

 窓を閉めていてもダクトから受動喫煙?! “換気扇下の喫煙はベランダ喫煙と同じ”、不可としたマンションも ’23年5月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*