受動喫煙被害をカンタンに通報できるシステムが開始!=千葉市

当サイト記事は、色が変わっている語句をクリックすると、その関連ページが開きます
また画像もクリックで拡大、または関連ページが開くようになっています。

 東京都に準ずる条例を制定し、まもなく本格的に受動喫煙撲滅に取り組んでいく千葉県千葉市が、
条例違反や喫煙所からの漏れなどの受動喫煙被害を、LINE(ライン)などインターネットで簡単に通報できるシステムを始めるとのことです。→千葉市の今までの取り組みなどは末尾にリンク

 以下は千葉市の広報資料です。(以下の『Impress Watch』記事からリンクできます)

 各報道を見てみましょう。見出しの下囲みは抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

 受動喫煙、LINEで防止 千葉市が被害通報システム
  =『日本経済新聞』2019/12/12 19:15=

“千葉市は2020年度から市民が受動喫煙被害をLINEで通報できるシステムを導入する。市独自の受動喫煙防止条例の施行に合わせ、幅広く情報を収集する仕組みを整える”

“自動応答でどのような事例があったかを送信することができるようになる。位置情報サービスを活用することで、簡単に場所も伝えられる。インターネット上からも情報提供できるようにする。情報提供を受けた市職員は現地調査などの結果を踏まえ、是正措置を講じる

“例として、喫煙室から煙が漏れていたり、許可されていない場所でたばこを吸わせている事業者などを想定している”

“20年4月の運用開始を予定している……同月から、客席面積に関わらず飲食店は原則屋内禁煙とする、市独自の受動喫煙防止条例を施行する”

 受動喫煙「SOS情報」をLINEで通報。千葉市が4月開始
  =『Impress Watch』2019年12月12日20:33=

“LINEなどを使った「(仮称)SOSシステム」を2020年4月1日から運用開始する……法令違反による受動喫煙被害の情報(SOS情報)を、LINEなどのインターネット経由で受付、市民がSOS情報を提供しやすい環境を整え、違反事例の収集を目指すもの。「喫煙室から煙が漏れている」「喫煙室ではない場所で喫煙させている」などの情報を収集し、違反事例を指導等により是正することで、市民が受動喫煙に遭う機会を減少させる

“通報者がかんたんに対象施設の位置・施設情報を送信できるようにする。また、市職員が電話や対面で受け付けたSOS情報や、市職員が実施する現地調査結果等も登録し、通報から完了まで一元的に管理する”

 受動喫煙の被害、ネットでSOS受理 千葉市が4月から
  =『朝日新聞DIGITAL』2019年12月17日03時00分=

“……違反する受動喫煙被害の「SOS情報」をLINE(ライン)などインターネットで受け付ける事業を始める。市に通報しやすくして違反があった事業所や飲食店などを指導し、市民が受動喫煙の被害に遭うのを減らす狙いだ”

“匿名での通報も可能。LINEでは地図サービスで位置や建物の情報を簡単に送信できるようにする……自動登録するほか、市職員が電話や対面でも受け付ける”

“来年4月1日以降は、市内は全国より厳しい規制が敷かれ、既存の小規模な飲食店でも、従業員が1人でもいれば原則屋内禁煙となる(キャバレーやナイトクラブは当面、努力義務)。違反に対する罰則もある

“例えば、従業員がいる、または大規模な既存の飲食店は「喫煙専用室」や「加熱式たばこ専用喫煙室」を設置できるが、両室以外では喫煙できない……喫煙室は天井や壁で覆われた部屋で、紙巻きたばこの煙や加熱式たばこの蒸気を換気扇で屋外に排気し、出入り口から煙や蒸気が店内に漏れない構造にする必要がある”

“来年1月、市職員でつくる選定委員会で操作性やセキュリティー対策などを審査し、事業者を決める”

 

[千葉市の取り組み、今までの主な紹介記事]☆他にもあります。右上検索窓で引いてみてください。
 千葉市も「従業員を雇う飲食店は禁煙」に ’18年6月
 千葉市「受動喫煙防止条例」各報道 ’18年7月
 千葉の禁煙活動「タバコ問題を考える会・千葉」7月例会の報告①「スモークフリー・キャラバン」 ’18年7月
 ☆この「スモークフリー・キャラバン」は各自治体へ条例制定を求める陳情活動で、千葉市は早々に採択し、条例化に進んだものです。
 成立しました! 千葉市の受動喫煙防止条例 ’18年9月
 千葉市がさらに長い「受動喫煙防止条例」啓発動画を作成・公開しました♪ ’19年4月
 検査で証明し“子ども受動喫煙”撲滅へ=千葉市 ’19年9月

『STOP受動喫煙 新聞』第21号(2018年1月)

[「通報」に関する主な記事]
 違反喫煙者は通報しましょう ~職員の喫煙が動画に、市が釈明 ’18年11月
 〈都条例施行〉全てのお店で喫煙・禁煙の表示が始まりました=違反店は通報を ’19年9月
 店頭[禁煙・喫煙]表示が義務化、各店の対応は……? ’19年9月
 路上喫煙を注意され暴力をふるった男が逮捕されました ’19年11月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

受動喫煙被害をカンタンに通報できるシステムが開始!=千葉市” に対して1件のコメントがあります。

  1. 嫌煙くん より:

    全国展開を希望します。

嫌煙くん へ返信する コメントをキャンセル

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*