ADHD=注意欠如・多動症=も受動喫煙で!

 またもや子ども・胎児の受動喫煙での病気の問題、今度は精神的な面、近年騒がれているADHD=注意欠如・多動症=も、受動喫煙で発症するという、中国での研究結果です。

 胎児期から小児期の受動喫煙で子どものADHDリスクが高まる
  =『DIAMONDO online(ダイヤモンド・オンライン)』2021.9.25 4:35=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“受動喫煙に曝露された児は、曝露されなかった児と比べ、注意欠如・多動症(ADHD)を有する確率が高まる可能性があるという研究結果が……5月20日報告された”

“小学校と中学校に通学する6~18歳……4万8,612例を対象に横断研究……オッズ比(OR)は、「曝露なし」の児を1とした場合、「曝露歴あり」では1.50……「常に曝露」では2.88……と有意に高かった”

“同居する父親の喫煙本数が1日に10本以上だった場合は、それが平日でも休日でも、ADHD全体および3つのサブタイプ全てにおいてORは有意に高く、最低が注意欠如のみのサブタイプの「平日」で1.48……最高が多動・衝動性のみのサブタイプの「休日」で2.25

“「……受動喫煙への曝露がADHD関連症状に関与することを裏付けるものであり、受動喫煙曝露を減らすため、公衆衛生上の対策を強化すべきことを明確に示すものだ」”

 ウィキペディア:ADHD / 横断研究

『STOP受動喫煙 新聞』35号掲載の漫画作品より。


[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 まだ増えている! 家庭内での受動喫煙! 子どもへの影響大 = 喘息・中耳炎、落ち着きがない・キレやすい・知能低下も ’21年9月

 赤ちゃんがいる人は完全禁煙のところしか行ってはいけません ’21年9月

 肥満児や食物アレルギー・湿疹もタバコで? 子どもへの受動喫煙は深刻です ~ 各データ ’18年10月

 子どもの前での喫煙はやはり児童虐待・弁護士が論説 ’20年1月

 “子ども受動喫煙”の撲滅をすすめる保健指導パンフ『子どもにたばこを吸わせないで! STOP!受動喫煙』 ’19年12月

 煙を子どもに吹きかけられ激昂した母、その影響で活動者に ~ 『禁煙ジャーナル』手記 ’20年10月

『STOP受動喫煙 新聞』子ども・未成年の被害の記事掲載号 = 第9号(’15年1月) / 第30号(’20年4月) / 第32号(’20年10月)

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*