『禁煙ジャーナル』最新338号 ~ 香港はタバコ持ち込み19本まで

 当機構理事も兼任していただいている、禁煙運動の歴史上の人物、
渡辺文学(ふみさと)氏が長年発行されている、
禁煙ジャーナル』、最新’22年3月号・338号が届きました。

 

 表紙ページの一部。

 
 当機構の『STOP受動喫煙 新聞』(季刊)は次号でやっと38号ですから、すごい「偉業」ですね。

 今号では、私が初めて知った興味深い情報が、香港在住の方の寄稿でありましたので、その部分抜粋を以下に紹介します。(画像2点、それぞれクリックすると拡大します)


 香港へ行く人は、タバコ持ち込みは「19本」まで(注:調べてみますと、免税となる本数)、つまり、未開封の20本入り一箱以上を持って入ると、高い税がかかるようです。

 また加熱式タバコの世界的市場である日本と大違いで、加熱式タバコも電子タバコも流通が禁止、つまりそれらがないところというのです。

 さらなる香港の状況、路上や店舗の規制や、販売に関してはどうなっているか、など、続報に期待します。(渡辺編集長にお願いしておきました)

 ぜひこの月刊誌(年2回お休みで年間10冊)『禁煙ジャーナル』も、『STOP受動喫煙 新聞』と併せてご購読ください。
 お申し込みはリンクページの「一般社団法人 タバコ問題情報センター」からどうぞ。

 
[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 『みんなの嫌煙権』最新13号が届きました ’22年2月

 煙を子どもに吹きかけられ激昂した母、その影響で活動者に ~ 『禁煙ジャーナル』手記 ’20年10月

 「“新型”モク拾い」渡辺文学さんのご活動が『読売新聞』でとりあげられています ’21年10月

 “タバコ吸い「ながら」運転”も取り締まりの対象に! ~ 渡辺文学御大の名ブログより ’19年12月

 渡辺文学理事が外国紙に登場 ’19年1月

 「嫌煙権」誕生から43年です ’21年2月

 加熱式タバコは日本ばかりで売られています=アイコスは96%も ’19年10月

 “受動喫煙のない国” ブータンでタバコ販売が解禁に?! ’20年9月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*