最新38号は4月25日(月)発行予定となりました =『STOP受動喫煙 新聞』’22年・春号のお知らせ=

 受動喫煙撲滅を専門とする、おそらくは唯一の定期刊行紙、当機構発行の『STOP受動喫煙 新聞』。(ご案内ページはこちら・バックナンバー一覧はこちら)

 最新・通刊38号(春号)は、ようやく校了(最終チェック完了)となり印刷開始、
’22年4月25日(月)完成・関係者へ発送の予定となりました。

 長文で重要なことを書いたものの次号回しになったの原稿(“住宅被害”の解決法)もありましたので、次はさらに工夫し、もっと読みやすい紙面を目指したいと思います。

活動を見直す・考える号

 今回は、当機構の理事もおつとめいただいている“禁煙運動の歴史”、
渡辺文学(「タバコ問題情報センター」代表)の、吸い殻拾いおよび今まで44年のご活動について、
またもう一人の重鎮・

中久木一乘(元「タバコ問題首都圏協議会」代表)の、受動喫煙・タバコに関する“ゴマカシの語句”に関しての提言、が掲載されており、“禁煙・受動喫煙撲滅の活動のおさらい・再確認・発見”の号、ともいえそうです。


 (渡辺理事・中久木氏のご活動、本欄での紹介記事の一部を、末尾に記載しています)
 

 大和教授の連載は、お待ちかね「質問に答える」。

 マンガも新テーマを掲載しています。

 また、今回は「特別掲載」として、受動喫煙とは別の記事も載せています。ご感想をお待ちしています。

 
 『STOP受動喫煙 新聞』のバックナンバー目次
 入会・『STOP受動喫煙 新聞』のご案内
 「入会(購読)フォーム」

会員(購読者)のみなさまへ、大事なおねがい
転居先不明」「同所に宛名人なし」で戻ってきています

 転居された場合(職場に送っている方では転勤や部署の異動)、また、あて名の変更(姓が変わる・宛て先の団体名が変わる、など)といった、『STOP受動喫煙 新聞』の送付先の住所名称変更のさいは、早急当機構にお知らせください。

 送付の便は郵便ではありませんので、郵便局に届けを出していても転送されません。(本紙の発送便には転送サービスはありません)
 日がたって「転居先不明」と返送されてくるか、返送も連絡もなく行方不明になることもあります。

 毎号、数件は戻り、紛失もしていますので、ご留意くださるよう、よろしくおねがいいたします。
 ※再送には送料が、紛失での再送なら本紙代もかかります。

 ☆上記の発送日から一週間ほどたっても届かない場合は、お知らせください。

会員=定期購読者=には特典があります

 初めて定期購読を始められる方には、一年分(1部につき)1200円のご入金のみで、バックナンバー3部のプレゼントがあります。
 1部300円なので、出血サービスですが、少しでも多く読んでもらいたい、情報を得て役立てていただきたいことからの限定サービスです。 ※進呈サービスはいずれ終了または変更(3部ではなくなるなど)の可能性があります。お早めにどうぞ。
 進呈の号は選べますが、「おまかせ」でもけっこうです。興味ある題材をお知らせいただければ当方で選びます。(住宅・職場・法令・外国の状況・三次喫煙…など)

 他にも特典があります。
 当機構主催の「学習・相談 定例会」に、契約中は何回でも参加できます。
 他団体が主催する、一般募集をしていない紹介制のリモート会合や講演会の案内も送れます。
 受動喫煙被害の相談に応じます(書かれた申入れ文の修正案なども) 
 当機構オリジナル“禁煙”ステッカーを1シート進呈できます(希望する方)
 空気測定器や、書籍の貸し出しもしています。(※入会半年以上の方・送料は会員負担)  

 『STOP受動喫煙 新聞』のバックナンバー目次はこちら
 「入会(購読)フォーム」はこちら

 一日も早い、受動喫煙撲滅のために――、
よりよい情報収集を、受動喫煙撲滅活動へのご支援を、よろしくどうぞ、お願い申し上げます。 

 
[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 「喫煙所の閉鎖・廃止を」 渡辺文学理事の呼びかけが大手マスコミで広められました ’22年2月

 “ムダ”ではない?『無駄の物語』著:田中潤理事長(受動喫煙撲滅機構) 渡辺文学理事のご活躍も紹介 ’21年10月

 アカデミー受賞の日本映画に喫煙シーンがすごく多い?! 活動者間で問題に ’22年4月

 『みんなの嫌煙権』誌をおすすめします ’21年8月

 加熱式タバコ禁止も入れた、新・禁煙マーク(シール)完成、頒布しています「タバコ問題首都圏協議会」 ’21年2月

 煙を子どもに吹きかけられ激昂した母、その影響で活動者に ~ 『禁煙ジャーナル』手記 ’20年10月

 「嫌煙権」誕生から43年です ’21年2月

 法令違反を続ける銭湯 ~ 保健所は指導できず? 指導無視で脱衣所に灰皿を置き続ける「栄湯」(東京都世田谷区) ’20年7月

 「“新型”モク拾い」渡辺文学さんのご活動が『読売新聞』でとりあげられています ’21年10月

 “受動喫煙のない国” ブータンでタバコ販売が解禁に?! ’20年9月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*