子どもの前での喫煙はやはり児童虐待・弁護士が論説

 いつも良い情報を発信、受動喫煙についても多く取り上げてくれている情報サイト『弁護士ドットコムNEWS』で、子どもへの受動喫煙を扱った記事をあらたにあげていましたので紹介します。

 「幼児のそばで喫煙」の夫に激怒 「タバコの煙って虐待じゃないんですか?」
  =『弁護士ドットコムNEWS』2019年12月25日 10時01分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“夫が自宅の居間で子ども(6歳)が近くにいるのもお構いなしに喫煙しているが、これは児童虐待に当たるのではないかーー。そんな相談が弁護士ドットコムに寄せられている。
子どもは煙で目が痛いと言い続けており、相談者自身もタバコの煙で気分が悪くなるという。もし完全分煙ができないようなら、離婚も視野に入れているそうだ”

“自宅での喫煙を理由に離婚することは、話し合いであれば問題はありませんが、訴訟となる場合、法定の離婚事由が必要です。……具体的には……(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由のいずれかが必要となりますが、……自宅での喫煙そのものが必ず(5)に該当するとは言えません。
ただし、現在、受動喫煙による健康被害は大きな問題にもなっていますし、配偶者が嫌がっているにもかかわらず、それを無視し、自宅内で吸い続けるとすれば、それが原因で夫婦関係が悪化し、婚姻関係が破たんすることは十分にありえます。その場合には、(5)に該当し、離婚が認められることとなると思われます”

“受動喫煙による健康被害は明らかになっております。そして、子どもは自らの意思で受動喫煙を避けることは困難です。
にもかかわらず、漫然と受動喫煙の悪影響を受ける環境に子どもを置くことは、きわめて問題であると言えます。そのため、子どもの前での喫煙を児童虐待と同視する意見もあります”

“「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が2018年4月1日に施行されました。……子どもの受動喫煙防止に努めなければならず、子どもと同室の空間で喫煙をしないように努めなければならない(6条)とされています”

「スモークフリーキッズ」(君津市)画像は「スモークフリーキッズ」主催ポスター展より。

[当サイト“子ども受動喫煙”関連既報]☆他にもまだまだありますので、検索窓で引いてみてください。
 知っていますか? 「子どもを受動喫煙から守る条例」(その1) ’18年5月
 アメリカでは「三次喫煙」も禁止に “子どもを受動喫煙から守る州法” ’18年8月
 子どもの受動喫煙は特に問題=被害が大きくなりやすい ’18年9月
 妊婦の前での喫煙に非難続出! ’18年9月
 昔の親のタバコで、いま深刻な病気になるかもしれません ’19年1月
 「子どもへの虐待」=受動喫煙が与える影響について医師が解説 ’19年3月
 親の喫煙は子どもに危険!「情緒面にも」=多くの研究で明らかに ’19年5月
 検査で証明し“子ども受動喫煙”撲滅へ=千葉市 ’19年9月
 外国人には驚愕の“子どもの前での喫煙” ’19年10月
 「子どもの前でタバコを吸わないで」に不満? ’19年11月
 ポスター展「大人にタバコの害を教えてあげよう」~主催:スモークフリーキッズ(千葉県君津市) ’19年12月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

子どもの前での喫煙はやはり児童虐待・弁護士が論説” に対して1件のコメントがあります。

  1. くに子 より:

    子どもと同室の空間とありますが“同室”というのが気になります。違う部屋ならいいだろうと思う喫煙者がいます。狭いマンションの義実家。赤ちゃんを連れていきましたが自分の寝室で喫煙する義父、臭いが当然私たちの居るところまで来ます。本当に嫌でした。

くに子 へ返信する コメントをキャンセル

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*